2013年09月27日

ワールド・ウォーZ World War Z



ワールド・ウォーZ」 (World War Z) は、2013年のアメリカ映画。アクション/ホラー映画。

さて、ゾンビと言うので見ましたが、噛まれたら十数秒で感染して一気に身体能力が何倍にも跳ね上がったゾンビ達が襲いかかって来る、と言う趣向の映画です。残念ながらあまりのスピード感とCG臭さの所為でゾンビのジワジワくる怖さというのは失われてしまっている映画です。そのかわり驚異的な身体能力をもったCGゾンビが群れて膨れ上がって襲って来る、例えば昆虫の卵が大量ふ化して膨れ上がっている時のゾワゾワ恐怖感に似た恐怖が多分売りの映画です。

あらすじ
フィラデルフィア。元国連職員ジェリー・レイン(ブラッド・ピット)は、妻と一緒に娘達を学校に送る途中、ダウンタウンで交通渋滞で足止めされてしまいます。車を降りた彼は、ただならぬ雰囲気の中で人が車を捨てて何かから逃げ出すのが見え、ちょうど来た暴走車の後ろについてその場を逃げ出そうとするのですが、事故を起こしてしまいます。

家族を車から降ろして周りを確認する彼の目に、恐ろしい勢いで人々を攻撃するゾンビ達の群れが。その場に乗り捨ててあったRVに家族を乗せ、郊外へと逃げ出します。道中、ジェリーの携帯電話に国連事務次長ティエリーから連絡が入り、現場への復帰要請が入ります。

ニュージャージー州のニューアークに着いた彼らは娘の薬を手に入れるためスーパーに入るのですが、そこではパニックを起こした人々が暴徒化して略奪が行われています。。。

ゾンビ達にどうやって対抗するかの鍵を探すのがこの映画のフォーカスとなるのですが、サスペンスとして見た方が面白い映画かもしれません。ここまで圧倒的に襲いかかって来るゾンビだと、ゾンビ的にはイマイチですね。どんなゾンビか確認する暇もない位のスピードで、CGで群れて襲いかかってきます。

ブラッド・ピットがこういう感じの映画に登場するのは珍しい感じがしますが、癖のある役所のほうが輝く彼がこの映画選んだ理由は何だったんでしょうね?割とフツーにブロックバスターの世紀末系エンタメ映画です。

ワールド・ウォーZ [DVD]
ワールド・ウォーZ [DVD]WORLD WAR Z 上 (文春文庫) [文庫] / マックス ブルックス (著); Max Brooks (原著); 浜野 アキオ (翻訳); 文藝春秋 (刊)ゾンビサバイバルガイド [単行本] / マックス・ブルックス (著); (翻訳監修)森瀬繚 (その他); 卯月音由紀 (翻訳); エンターブレイン (刊)
posted by 淀川あふるー at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月10日

ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty



ゼロ・ダーク・サーティ」(Zero Dark Thirty)は2012年のアメリカ映画。ウサマ・ビン・ラーディンの殺害ミッションを描いたスリラー/サスペンス映画。キャスリン・ビグロー監督。

拷問に対する批判や、オバマ再選のキャンペーンに利用されたなどいろいろな物議を醸していた映画ですが、なかなかスリルがあって見応えがあります。アルカイダという宗教的な集団を相手にしているので、素性がばれたりすると自分達がやられてしまう可能性もある、というミッションに、女性新人CIAマヤが挑みます。

彼女は実在する人物で、本名その他は伏せられているそうです。その他のキャストも実在する人物が元になっていて、なかでも自殺テロで亡くなってしまうマヤの友人CIAアナリストのジェシカは、3人の子持ちの捜査官だったそうで、実名も公開されています。

あらすじ
2003年、新人CIA捜査官のマヤ(ジェシカ・チャステイン)はパキスタンのアメリカ大使館に派遣されます。高校を卒業してから短い期間アルカイダとそのリーダーについての調査をしてきたマヤは、同僚のダン(ジェイソン・クラーク)と9/11のハイジャックに関係している人物達の取り調べを行います。

複数の人物に拷問や陵辱を繰り返し、捜査線上に上がってきたのがアブ・アーメッドという人物で、ウサマ・ビン・ラーディンは彼を通して様々な人物とコンタクトを取っている事が分かります。。。

さて、水攻めや洋服脱がして局部を晒したりなどの拷問シーンが登場します。「人道的に良くない」ということは誰でも分かるのですが、自殺テロを喜んで行うような狂信的グループに「ねえ、教えて」と言って尋ねても情報が得られるわけはないし、簡単に買収も出来ないわけで、多分映画の中に登場するようなやり方はかなりマイルドなんじゃないか?とさえ思ってしまいます。

マヤですが、賢いだけでなくとっても気の強い女性で、会議で大ボスが「そこの彼女は誰だ?」と周りに尋ねた時に「私がこの家を見つけたマザー・ファッカーよ!」と豪語する女傑です。それくらいでないと、身バレしたら殺されるかもしれないようなミッションを任せられませんね。新人の生きの良さというのもあったのかもしれませんが、若さで突っ切って大きなミッションを成功させてしまいます。

若いっていいですね。
ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] / ジェシカ・チャス...
ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] / ジェシカ・チャステイン, |ジェイソン・クラーク, ジョエル・エドガートン, ジェニファー・イーリー, マーク・ストロング (出演); キャスリン・ビグロー (監督)ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray] / ジェシカ・チャステイン, ジェイソン・クラーク, ジョエル・エドガートン, ジェニファー・イーリー, マーク・ストロング (出演); キャスリン・ビグロー (監督)
posted by 淀川あふるー at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年08月17日

パトリック・スウェイジ/復讐は我が胸に Next of Kin



パトリック・スウェイジ/復讐は我が胸に」 (Next of Kin)は1989年のアメリカ映画。

弟をマフィアに殺された兄弟がマフィアに復讐を挑み、村人VSマフィアにまで発展してしまう映画です。

あらすじ
トルーマン・ゲイツ(パトリック・スウェイジ)はケンタッキーのアパラチア出身で、警官になる為にシカゴに出ています。無職になってしまった弟のジェラルド(ビル・バクストン)はトルーマンを頼ってシカゴにやって来て、トラックドライバーの職を得ます。ある日、トラックがマフィアにハイジャックされ、ジェラルドは射殺されてしまいます。

妻ジェシー(ヘレン・ハント)と、弟の亡骸連を連れてケンタッキーに帰省したトルーマンに、兄ブライヤー(リーアム・ニーソン)は伝統的な血の復讐を主張するのですが、相手が相手なので兄までも亡くしたくないトルーマンはシカゴ警察に任せるように説得します。。。

アパラチアはコミュニティーの絆が強く、何かがあったら皆で助け合うという風習があるのでしょうかね。元々来た国(といっても何百年も前でしょうが)の伝統を細々と受け継いだ文化を形成しているエリアのようです。訃報を受けた村人達が武装をしてシカゴへ出向くシーンでは何だかワクワクしてしまいます。

リーアム・ニーソンが南部訛りで喋っているのですが、こういう素朴であか抜けない田舎者役もあまり違和感が無いですね。余りに背が高くて、寝床設定のトレーラー内を首を曲げて歩いている様子が『無理があるだろ!』とツッコみたくなりました。

パトリック・スウェイジ / 復讐は我が胸に [Blu-ray] / パトリック・スウェイジ, ...
パトリック・スウェイジ / 復讐は我が胸に [Blu-ray] / パトリック・スウェイジ, アダム・ボールドウィン, ヘレン・ハント, ビル・パクストン (出演); ジョン・アービン (監督)

posted by 淀川あふるー at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。