2013年04月10日

ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey



ホビット 思いがけない冒険」(The Hobbit: An Unexpected Journey)は2012年のアメリカ・ニュージーランド映画。ファンタジー・アドベンチャー映画。

時代設定は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの前で、フロードーのおじさんホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)の冒険スペクタクルです。『ロード・オブ・ザ・リング』自体も三作も出来る位の長編映画でしたが、この「ホビット」も三部作になるそうです。指輪物語ってこんなに超大作だったんですね。

ホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)が111歳のお誕生日を前にして、自分が60年前に体験した冒険を書き残すシーンから映画は始まります。
あらすじ
金の採掘で栄えいていたドワーフ王国が凶悪なドラゴンに乗っ取られ、ドワーフ達は町を追われます。ドワーフ国王の孫トーリン(リチャード・アーミティッジ)は、エルフ族が自分達を助けるどころか去って行くのを見届けます。

平和に一人暮らしをしているホビットのビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)の元へ、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)が現れ、あれよという間にドワーフ達の集会所に使われてしまい、トーリンを含めた13人のドワーフ達に食料を平らげられてしまいます。挙げ句の果てに、ビルボはドワーフ達が国を奪回する為の冒険に参加する契約書にサインをする羽目に陥ってしまいます。

戦闘的なドワーフ達に囲まれて、旅慣れも戦闘慣れもしていないビルボは故郷の村を後にします。。。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ同様、映像にかなりの力が入っています。今回はドワーフとホビットが中心なので、『ロード・オブ・ザ・リング』の華やかな戦いよりも、ちょっとドタバタしたコメディ感が楽しめます。小さいのに勇猛果敢なドワーフ族が、頭と運を駆使して敵を倒して行くシーンが痛快です。

ドワーフ達の中で旅を続けるビルボが、危険な冒険の中で彼なりの機転や勇気を見せて、ドワーフ達の仲間として認められて行くのが今回の一作目です。また、個人的にお気に入りのゴラム"スミーゴー"も登場して例の分裂っぷりと「プレシャス」を連発してくれています。

「ええ、ここで切るの〜〜?」と続きが気になって仕方が無いような終わりをします。次作が楽しみですね。
ホビット 思いがけない冒険 Blur-ray & DVD (3枚組)(初回限定生産) [Blu...
ホビット 思いがけない冒険 Blur-ray & DVD (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray] / イアン・マッケラン, マーティン・フリーマン, リチャード・アーミティッジ, ケイト・ブランシェット, アンディ・サーキス (出演); ピーター・ジャクソン (監督)ホビット 思いがけない冒険 (1枚組)(初回限定生産) [DVD] / イアン・マッケラン, マーティン・フリーマン, リチャード・アーミティッジ, ケイト・ブランシェット, アンディ・サーキス (出演); ピーター・ジャクソン (監督)ホビット 思いがけない冒険/3.75インチ アクションフィギュア/ツインパック/ビルボ・バギンズ & ゴラム / ブリッジ ダイレクトロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジーBOX【Blu-ray】 / イライジャ・ウッド, イアン・マッケラン, リヴ・タイラー, ヴィゴ・モーテンセン, ショーン・アスティン (出演); ピーター・ジャクソン (脚本); J.R.Rトールキン (原著); フラン・ウォルシュ, フィリッパ・ボウエン (脚本); ピーター・ジャクソン (監督)

posted by 淀川あふるー at 15:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年09月28日

マイティ・ソー Thor



マイティ・ソー」(Thor)は、2011年のアメリカ映画。原作はマーベル・コミックの漫画。アクション/ファンタジー/アドベンチャー映画。

「ソー」(Thor)は北欧神話に登場する神様で、雷神・農耕神としてゲルマン地域で信仰されていました。木曜日Thrsdayの語源ですね。その神話上の神様「ソー」をモチーフにしたコミックの映画化です。ちょっとアホだけど好感が持てる人の良いマッチョとして描かれています。

あらすじ
神の世界アスガルドの第一王子ソー(クリス・ヘムズワース)は、巨人達がアスガルドに侵入して来た事から、セキュリティ・ブリーチへの対処として巨人の世界ヨトゥンヘイムへ仲間を引き連れて乗り込みます。その行為に怒った王オーディン(アンソニー・ホプキンス)は、ソーから力の全てを奪い、人間の世界へ追放してしまいます。

地上に追放されたソーは、ニューメキシコで活動している天文学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)達の車に跳ね飛ばされてしまいます。慌てて彼を病院に搬送するのですが、ソーは暴れ出し逃走します。。。

自分の力を過信して、鼻っぱしの強い王子が勝手に行動を起こすところは、イキがっちゃってありがちなアホだな〜と思いながら観ていたのですが、徐々に単純で素直なソーのキャラクターが見えてきます。若さ故のアホさだったのね。やっぱりスーパーヒーローは、ただ強いだけじゃなく純粋さを持っているとその魅力度が上がります。

ソー役のクリス・ヘムズワースは若き息子の役にしては皺が目立ってちょっと老けてるかな?とは思ったのですが、そのムキムキの体を惜しみなくひけらかして、ナタリー・ポートマン演ずるジェーンがボーッとしてしまうシーンはなんだか笑えます。アメリカ女性はやっぱりマッチョ好き?

神の世界アスガルドのCGはかなり良いです。ちょっと神がかったデザインで入念に創作されていて、この世ではないそのちょっと不思議で神秘的な世界が上手に再現されています。個人的にマイケル・ジャクソンの『ビリー・ジーン』に登場する床のゴージャス七色バージョンみたいな発光する橋が気になりました。宇宙がすぐ間近に見えるその世界は『大気がないのね』とツッコミたくなりましたが、神様の世界なので人間の様に見えても空気呼吸はしてないのでしょうね。神の世界の景色や建物に比べて、怪物やロボット達がとってもCG臭すぎてぎこちなかったのが残念です。

アクションヒーロー好きの方にお勧めです。

【Amazon.co.jp限定】 マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット スチールブック仕...
【Amazon.co.jp限定】 マイティ・ソー  ブルーレイ&DVDセット スチールブック仕様 [Blu-ray] / クリス・ヘムズワース, ナタリー・ポートマン, 浅野忠信, トム・ヒドルストン, アンソニーホプキンス (出演); ケネス・ブラナー (監督)マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray] / クリス・ヘムズワース, ナタリー・ポートマン, 浅野忠信, トム・ヒドルストン, アンソニーホプキンス (出演); ケネス・ブラナー (監督)マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray] / クリス・ヘムズワース, ナタリー・ポートマン, 浅野忠信, トム・ヒドルストン, アンソニーホプキンス (出演); ケネス・ブラナー (監督)マイティ・ソー:アスガルドの伝説 (ShoPro Books) [単行本(ソフトカバー)] / スタン・リー (著); ジャック・カービー (イラスト); 中沢俊介, 沢田京子 (翻訳); 小学館集英社プロダクション (刊)
posted by 淀川あふるー at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(2) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月23日

ジャバーウォッキー Jabberwocky


英語版 映画冒頭部

ジャバーウォッキー」(Jabberwocky)は、1977年のイギリスの映画。テリー・ギリアム監督初の単独監督作品。ファンタジー/コメディ/おバカ映画。

タイトルのジャバーウォッキーは、『鏡の国のアリス』のジャバウォックの詩(ジャバウォックという怪物討伐の詩)から来ています。ユーモアたっぷりの、ドタバタでナンセンスなおバカコメディ映画です。

あらすじ
中世が舞台です。樽職人の息子デニス・クーパー(マイケル・ペイリン)は、父親の死に際に『間抜けで職人気質というものを分かっていない』と罵られるくらいの、ちょっと抜けた青年。おデブで下品ななグリセルダに恋心を寄せるのだけど、完璧にあしらわれてしまう有様。

父親の死後、ブルーノ王国までやって来たデニス。王国の商売はギルドに牛耳られている上に職人ではないので食べるのにも困って右往左往します。王国はその頃、凶暴な怪獣ジャバーウォッキーに悩まされており、ブルーノ王は自分の財産半分と姫を懸賞に懸け、怪獣退治をしてくれる騎士を選び出すトーナメントを開きます。。。

ドリフのドタバタ劇に通じるような、ある程度予測出来るオチのちょっとグダグダしたお笑い映画です。でも、そのお笑いセンスの良さが小さな所でも光っていて、「プッ」と吹き出してしまうようなシーンが沢山あります。嫌味や過剰な突っ込みのないグダグダ感に、純粋に笑わされてしまいました。

怪物ジャバーウォッキーは頭を残して人間を食べ尽くしてしまうのですが、怖いというよりなんだか笑えてしまう補食シーンです。そして棚ぼた式に成功してしまうデニスは、綺麗なお姫様なんかよりも、どんなに酷い目に遭わされようとおデブで欲深いグリセルダがなぜか好き、というなんとも憎めない感じのお間抜けさんです。そういう童話の様にストレートなストーリでは無い所が良いですね。

残念ながらインポート版オンリー
Jabberwocky [DVD] [Import] / Michael Palin, Harry H. Corbett, John Le Mesurier, Warren Mitchell, Max Wall (出演); Terry Gilliam (Writer); Terry Bedford (映像); John Goldstone, Julian Doyle, Sanford Lieberson (プロデュース); Charles Alverson, Lewis Carroll (Writer); Terry Gilliam (監督)テリー・ギリアム映像大全 [大型本] / ボブ マッケイブ (著); Bob McCabe (原著); 川口 敦子 (翻訳); 河出書房新社 (刊)
posted by 淀川あふるー at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月21日

ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm


英語版トレーラー

ブラザーズ・グリム」(The Brothers Grimm)は、2005年のイギリス映画。テリー・ギリアム監督作品。ファンタジー/アドベンチャー/コメディ映画。

グリム兄弟を主人公に、有名なグリム童話の作品の数々をモチーフにして作り上げられたファンタジー映画です。史実や原作に基づいているわけではなく、グリム童話の世界をアイデアに創作されたファンタジーです。撮影はチェコで行われたそうで、ちょっと暗く寂れた村の雰囲気とか、怪しい雰囲気の森とかの童話の世界が再現されています。

あらすじ
舞台は18世紀のフランス占領下のドイツ。しっかり者で現実的な兄のウィルと、夢見がちで騙されやすい弟のジェイクのグリム兄弟。病気の妹を医者に見せる為に弟は牛を売りに行くのですが、騙されて『魔法の豆』と交換してしまい、妹は亡くなります。

15年後、ウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒース・レジャー )は成長し、町や村を巡って魔物退治の詐欺などをして生計を立てているのですが、それがバレてフランス軍に掴まってしまいます。ドゥラトンブ将軍(ジョナサン・プライス)は兄弟を許す代わりにある村で起こっている少女失踪事件を解決するよう要請してきます。。。

グリム兄弟を演ずるマット・デイモンとヒース・レジャーのドタバタコメディ部分は、本当の兄弟の小競り合いの様で楽しめます。文句付け合って言い争ったり、お互いをバカにしたり、でもなんだかんだいいながらちゃんとお互いを助け合う、喧嘩する程仲がいい、そんな二人の冒険アドベンチャーです。

映像の美術面は随所にちゃんと気が配られていて、ギリアム監督の視点でちょっとコクのある童話の世界が作られています。不気味な森は不気味に、輝く程に美しいモニカ・ベルッチも不気味に、いいですね。

お暇な時にどうぞ。

ブラザーズ・グリム [DVD] / マット・デイモン, ヒース・レジャー, モニカ・ベルッチ,...
ブラザーズ・グリム [DVD] / マット・デイモン, ヒース・レジャー, モニカ・ベルッチ, ジョナサン・プライス, レナ・ヘディ (出演); アーレン・クルーガー (脚本); テリー・ギリアム (監督)ブラザーズ・グリム (HD-DVD) [HD DVD] / マット・デイモン, ヒース・レジャー, モニカ・ベルッチ, ジョナサン・プライス, レナ・ヘディ (出演); アーレン・クルーガー (脚本); テリー・ギリアム (監督)
posted by 淀川あふるー at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月19日

ネバーエンディング・ストーリー The Neverending Story


リマール、懐かしいですね〜。

ネバーエンディング・ストーリー」(Die unendliche Geschichte / The Neverending Story)は1984年に西ドイツ・アメリカ制作の映画。ミヒャエル・エンデ原作。アドベンチャー/ファンタジー映画。

童心に帰らせてくれるファンタジー映画というのがありますが、私にとっては小学生の時に観たこの映画「ネバーエンディング・ストーリー」です。『モモ』やこの「ネバーエンディング・ストーリー』(『はてしない物語』)を当時読み耽った事を思い出します。ミヒャエル・エンデ原作ですが、映画の制作側とかなり行き違いもあったそうです。原作者として物足りない部分もあったのかも知れませんが、子供心にはとても感動した映画だったことを覚えています。

あらすじ
最近母親を亡くしたバスチャン(バレット・オリバー)。朝学校に行く途中いじめっ子達に追いかけられて、古本屋に逃げ込みます。店長が読んでいた普通じゃないと言う本に興味を示すのですが、「この本は危険だから」という店長が電話をしている隙に借りて行きます。学校にたどり着いたバスチャンは、物置小屋に隠れ本を読み始めます。

ファンタジア王国は虚無に襲われていて、女王も謎の病気にかかっています。女王とファンタジア王国を救う為に選ばれたアトレイユ少年(ノア・ハザウェイ)は、全ての武器を捨てる換わりにアウリンというメダルを託され、王国の崩壊を止める方法を探しに危険な旅を始めます。。。

本の中の物語にぐいぐい引き込まれる、という経験は誰にでもあると思いますが、この「ネバーエンディング・ストーリー」では実際に少年が本の中の物語と関わりを持つ事になります。王国を脅かす『虚無』とはいったい何なのか?アトレイユが旅をするのに合わせて、バスチャンも物語とシンクロし始めます。

ファンタジア王国の世界はとても奇麗で、ラッキードラゴンのファルコン(シーズーに顔が似てますよね?)太古の亀モーラ(こちらはETに似てますね)レース用のカタツムリなど、子供の空想力を刺激するような楽しくて不思議な動物達も登場します。確かに、最近の3Dと違ってファルコンに乗って飛ぶシーンなど、背景との微妙な彩度の差が気になるシーンもありますが、当時のSFXの暖かみのある映像は今でも十分楽しめます。

ちょっと子供の心に帰れる映画です。
ネバーエンディング・ストーリー [DVD] / バレット・オリバー, ノア・ハザウェイ, タミ...
ネバーエンディング・ストーリー [DVD] / バレット・オリバー, ノア・ハザウェイ, タミー・ストロナッハ (出演); ミヒャエル・エンデ (原著); ウォルフガング・ペーターゼン (監督)ネバー・エンディング・ストーリー / サントラ (演奏) (CD - 1995)はてしない物語 [単行本] / ミヒャエル・エンデ (著); 上田 真而子, 佐藤 真理子 (翻訳); Michael Ende (原著); 岩波書店 (刊)ネバーエンディング・ストーリー 第2章 [DVD] / ジョナサン・ブランディス, ケニー・モリソン, クラリッサ・バート (出演); ジョージ・ミラー (監督)
posted by 淀川あふるー at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年08月18日

ラビリンス/魔王の迷宮 Labyrinth


デヴィッド・ボウイ王子(魔王ですが)とマペットのほのぼのダンスシーン

ラビリンス/魔王の迷宮」(Labyrinth)は、1986年に制作されたアメリカ映画。ジム・ヘンソン監督。テリー・ジョーンズ脚本。

カーミット、ミス・ピギー、セサミストリートなどのマペット作家としてしられるジム・ヘンソン監督作品。こ夏、3D映画に飽きてしまった方にお勧めの、ほのぼのファンタジー映画。とても奇妙で生き生きしたマペット達がデヴィッド・ボウイの音楽に合わせて歌って踊ります。

あらすじ
15歳の空想好きのサラ(ジェニファー・コネリー)が、ある晩赤ちゃんの異母弟トビーの子守りを言いつけられるのですが、泣き止まないトビーに嫌気がさしておまじないを唱えてしまいます。トビーはゴブリン(妖精)の世界の魔王ジャレス(デヴィッド・ボウイ)に連れ去られてしまいます。

トビーを連れ戻す為に、ゴブリンの世界のラビリンス(迷宮)へ乗り込むサラ。13時間以内に迷路を抜けて魔王の城に辿り着かなければ、トビーはゴブリンになってしまいます。。。

デヴィッド・ボウイが王子様のような格好でノリノリで魔王を演じています。途中、ミュージカル(ロックオペラ?)のようにゴブリン達と歌って踊って、赤ちゃんトビーもとらわれの身というより楽しそうです。一方サラは、お間抜けな小人ホグルや怪物のくせに弱虫のルド、犬の騎士ディディモスを途中で味方に加えて迷路の中を旅します。

エッシャーの影響を受けているそうですが、ラストの城の中のシーンはエッシャーの騙し絵の様に奇妙に続く階段をうろうろ巡らされるシーンなどが登場します。

子供と一緒に観ても楽しめる映画です。

ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD] / デヴィッド・ボウイ, ジェ...>
ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディション [DVD] / デヴィッド・ボウイ, ジェニファー・コネリー (出演); ジム・ヘンソン (監督)ラビリンス 魔王の迷宮 [Blu-ray] / デヴィッド・ボウイ, ジェニファー・コネリー (出演); ジム・ヘンソン (監督)ブロマイド写真★映画『ラビリンス〜魔王の迷宮』デビッド・ボウイ/腰に手 / シネマインクLabyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film [CD, Soundtrack, Import, From US] / Trevor Jones (作曲) (CD - 1993)
posted by 淀川あふるー at 17:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。