2010年02月05日

シン・シティ Sin City



シン・シティ」(Sin City)は2005年のアメリカ映画。ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー監督作品ですが、クエンティン・タランティーノも一部を監督しています。フィルム・ノアール形態をとった映画ですが、原作はコミック。白黒映画なのですが部分的に色がつけられて、印象に残るような凝ったシーンが多いです。

ストーリーは、大まかに言うと3つに分かれているのですが、The Customer Is Always Right(お客はいつでも正しい)That Yellow Bastard(黄色いくそったれ) The Hard Goodbye(難しい別れ)The Big, Fat Kill(すっげえ殺し) That Yellow Bastard(8年後)の順に流れて行きます。各ストーリーに主人公がいて、上手い具合に話しが繋がっていて、細かいところにヒントがちらちら出されるので、よく見ていないと見逃してしまう作りになっています。(え?今のって??って感じでDVD戻したりして確認したシーンがありました。)それにキャストが多いので、顔を覚えておくのが大変。別のストーリーの中で、そのキャストが一瞬出たりします。

刑事ハーティガン(ブルース・ウィリス)は、少女を強姦して殺害するシリアルキラー、ロアーク・ジュニアを追いつめます。ナンシー(ジェシカ・アルバ)を助け出す事に成功するのですが、パートナーの裏切りで撃たれてしまいます。

さて、この話しと平行して別の話しが繋がって行くのですが、裏で権力を持ったもの達の存在が、その話しの流れの中で繋がって行き、「シン・シティ」(罪の町)の全貌が出てきます。

「ハリウッド系のちゃらちゃらしてて、アクションと映像でごまかしたくだらない映画でしょ、どうせ。」と期待せずに観たのに、意外に凝った作りで、話しに引き込まれた映画の一つです。


シン・シティ [DVD]

シン・シティ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD





シン・シティ [Blu-ray]

シン・シティ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



posted by 淀川あふるー at 16:22 | Comment(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月29日

ジュース Juice


英語版トレーラー

ジュース」は1992年にアメリカ合衆国で製作された犯罪スリラー映画。今は亡きラッパーの2pac(2パック・シャクール)が出演している映画です。

あらすじ
ニューヨークのハーレムで育った4人の仲の良い黒人青年。差別感のある警官や、近所のギャングなどから受けるハラスメントに、ある日嫌気がさします。近所のお店を強盗する事で「リスペクト」されよう、というアホな事を考えたビショップ(2pac)に押されて、お店を襲撃しますが、必要のない殺人を犯してしまいます。

若い頃の無鉄砲さと、考えのなさから起きてしまった事件を中心に、4人の青年達の友情も崩れて。。。

ラッパーって演技がうまい人がいるんですよね。歌手で演技もうまい人なんて滅多にいないけど、ラップって基本が喋る事で相手を打ち負かす事だからでしょうか。かなり頭の機転が良くないと、即興で相手を打ち負かせるようなラップは出来ないですよね。2pacもそうだけど、ウィル・スミス、クィーン・ラティーファ、アイスT、アイス・キューブ、俳優として成功している人が多数います。

この映画の中で、どんどん螺旋を描いて落ちて行く黒人青年を2パックが凄い説得力で演技しています。殺害されていなければ、俳優業でかなりいい線まで行ってたんでしょうね。。。

【日本語字幕付き】DVD/juice(ジュース) 【2PAC出演】
【日本語字幕付き】DVD/juice(ジュース) 【2PAC出演】
ジュース / Juice - Soundtrack 輸入盤 【CD】
ジュース / Juice - Soundtrack 輸入盤 【CD】

posted by 淀川あふるー at 17:34 | Comment(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月19日

評決のとき A Time To Kill


英語版のトレーラーです。

評決のとき」(原題はA Time To Killで『ぶっ殺すとき』でしょうかね)1996年にアメリカで制作された映画。今日はマーティン・ルーサー・Jr.(キング牧師)記念日なので、人種問題関連の映画第2弾です。

豪華な顔ぶれの俳優達が迫真の演技をしています。ケビン・スペイシーは持ち前の、頭良くって鼻持ちならない、嫌らしくてこ憎たらしい感じの演技(けなしではないですよ。好きな俳優の一人ですから)で見る側をイライラさせ、これまた個性の強いサミュエル・L・ジャクソンは、長い間人種差別の強い南部で、屈辱を舐めて生活して来た黒人男性が立ち上がる様を見事に演じています。

あらすじ
ストーリーはアメリカ南部ミシシッピ州(これまたミシシッピ)で10歳の黒人少女が、白人の人種差別主義者の青年二人に、木に両手両足くくりつけられ、殴られ、集団強姦される事から始まります。(女性にはきついシーンあり)瀕死の状態で発見され、生殖機能は破壊され、将来子供を持つ事も出来なくなります。

その父親であるカール・リー・ヘイリー(サミュエル・L・ジャクソン)は馴染みの白人弁護士ジェイク・ブリガンス(マシュー・マコノヒー)に相談しますが、やはり南部で生まれ育っていて、白人が黒人に対して犯す犯罪の評決が甘いのは分かりきっているので、自らの手で制裁を加える決意をします。そう、「ぶっ殺すとき」が来ます。

ストーリーの焦点は弁護士(ジェイク)対検事(ケビン・スペイシーが演じるルーファス)の対決です。その裁判を巡ってKKK(未だにいるんだよこれが)の嫌がらせや、州兵まで巻き込んで町を二分する騒ぎになります。

まだ見ていない方はお早めに。


評決のとき [DVD]

評決のとき [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • メディア: DVD



posted by 淀川あふるー at 14:12 | Comment(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning


英語版のトレーラーです

ミシシッピー・バーニング」(Mississippi Burning)は1988年アメリカで製作された映画で、アカデミー撮影賞受賞作品です。今日はマーティン・ルーサー・Jr.(キング牧師)記念日なので、公民権運動に関する映画をピックアップしてみました。

ストーリーは公民権運動の活発だった1964年、アメリカ南部の州ミシシッピで公民権運動家3人が殺害された事件をモデルにされています。当時の南部は人種差別が公然と行われていて、白人至上主義で他の人種を差別するKKK(クー・クラックス・クラン)が白頭巾で顔を隠して極悪な事をしまくり。自分たちの活動を十字架を燃やしてアピールしたり、やりたい放題しています。そして事件を捜査しに来たFBI捜査官を脅したり邪魔をしたりもします。

今の移民も住みやすいアメリカは、人種差別で一番酷い目に遭ってる黒人の人達の公民権運動によって出来てるわけですね。ここら辺のアメリカ史は、あんまり酷いんで目を覆いたくなる事が山ほどあります。

キング牧師が殺害しされてから40年ちょっとしか経ってないんですよね。この時代の映画を見ると、去年のオバマ大統領の当選は本当に凄い事だと思いますね。


ミシシッピー・バーニング [DVD]

ミシシッピー・バーニング [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




posted by 淀川あふるー at 12:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月16日

理由 Just Cause


英語版のトレーラーです。

理由」(Just Cause)は1995年に製作されたアメリカの映画です。

あまり内容が分かると、面白みが減ってしまう映画なので短くあらすじ。
死刑に反対するリベラルな法律学者のポール・アームストロング( ショーン・コネリー)が殺人罪に問われている、インテリで、魅力的な黒人青年ポールのケースを調査するように説得されます。調べて行くうちに人種差別的な警察(ローレンス・フィッシュバーン)の態度や、自白自体が強要されたものだった事などが明るみに出て、ポールは冤罪であるのではないかと思い始めます。ストーリーは更に、自分の妻が過去に関わっていたり、別件のシリアルキラーが関わって来たりと二転三転して。。。

警官役のローレンス・フィッシュバーンが、嫌な警官役を熱演していて、リベラルで人道的な振る舞いをしようとするショーン・コネリーと対極になっています。あまり期待しないでみた作品だったのですが、ストーリーの展開にぐいぐい引き込まれて、「あっ」と言わされてしました。

どんでん返し系のストーリーがお好きな方におすすめ。かなりハラハラさせてくれます。


理由 [DVD]

理由 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



posted by 淀川あふるー at 10:48 | Comment(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。