2011年01月12日

パルプ・フィクション Pulp Fiction



パルプ・フィクション」(Pulp Fiction)は1994年のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノ脚本・監督の犯罪/ドラマ映画。アカデミー脚本賞受賞、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。

クエンティン・タランティーノの名前が世に広まっただけでなく、しばらく冴えなかったジョン・トラボルタが復活し、サミュエル・L・ジャクソンが脚光を浴び、ユマ・サーマン(英語だとウマですが、馬に間違えられない様に代えてあるそうです)も注目を集め、彼らの出世を手伝った作品。

オープニングから凝っていますね。白人カップルのレストラン強盗から幕を開け、サーフミュージック(Dick Dale白人)"Miserlou"とともにオープニングタイトルが入り、針が飛んで"Jungle Boogie"(Kool & the Gang 黒人)に切り替わってサミュエル・L・ジャクソンとジョン・トラボルタが登場します。"Miserlou"のインパクトが強くて、この映画とともに思い出すテーマソングでもあります。

ストーリーはオムニバスの様に各エピソードの中心人物が変わっていき、時系列も飛んで一回りして最初に戻る設定です。その設定の所為で、「何か」の啓示を受け取ったサミーと受け取らなかったトラボルタの運命の展開がよりいっそうフォーカスされて描き出されています。

あらすじ
マフィアの殺し屋ビンセント(ジョン・トラボルタ)とジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)は、組織を裏切った青年達のアパートにある黒いスーツケースを取り戻しに行きます。(スーツケースの中身は最後まで明かされません。)裏切り者達を始末してボスであるマーセルス・ウォレス(ヴィング・レイムス)の元に戻るのですが、そこでは二人はTシャツ短パン姿。(時間が経ってしまっている)

マーセルスの元には八百長試合の依頼を受けたボクサー、ブッチ(ブルース・ウィリス)が来ており、お金を受け取って帰ります。ヴィンスはマーセルスが自宅を開けている間、妻ミア(ユマ・サーマン)の世話をする様に頼まれるのですが、マーセルスの自宅へ向かう前にディーラーの元を訪れ、上物のヘロインを手に入れます。。。

とても個性的な俳優達が、それぞれの持ち味を巧くだしている映画です。アフロで、ちょっとファンキーだけど相手を威圧する何かを持ち合わせ、その場を仕切るサミー。ちょっと間が抜けてヘマをやらかすけど、ダークなイメージが凄く決まっているトラボルタ。強いボクサーで殺人も平気なくせに、やたら舌足らずな外国人ガールフレンドに弱いブルース・ウィリス、若くしてマフィアの妻になった、奇麗だけどちょっと理屈っぽいジャンキー、ユマ・サーマン、恐妻を持っているのか、やたら妻の帰宅時間を気にして怯えるクエンティン・タランティーノ本人。

クエンティン・タランティーノ監督はちょっと癖のあるキャラクターを描き出すのが上手で、それにピッタリ見合った演技を各俳優達もしています。そしてこの映画には、初々しさがありますね。この映画がリリースされた当時、凄く異色な監督として一気に人気が出て騒がれていましたが、今もう一度見てみると、監督作品としては「パルプ・フィクション」が一番完成度が高いような気がします。


パルプ・フィクション [DVD] / ジョン・トラボルタ, サミュエル・L・ジャクソン, ユマ・サーマン, ハーヴェイ・カイテル, ティム・ロス (出演); クエンティン・タランティーノ (監督)パルプ・フィクション ― オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / サントラ, アージ・オーヴァーキル, マリア・マッキー, レヴェルズ, スタトラー・ブラザーズ, ジョン・トラボルタ, ライヴリー・ワンズ, サミュエル・L.ジャクソン, ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ, クール&ザ・ギャング, アル・グリーン (CD - 2002)

posted by 淀川あふるー at 21:01 | Comment(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年12月16日

アメリカン・ギャングスター American Gangster


英語版

アメリカン・ギャングスター」(American Gangster)は2007年のアメリカ映画。リドリー・スコット監督。実話に基づいたギャング映画です。

デンゼルがギャング役で登場します。ギャングといっても60-70年代のビシッとスーツで決めたギャングで、ヒップなストリートギャング役ではありません。

1968年、ニューヨークのハーレム。ハーレムを牛耳っていた黒人ギャングのボス"パンピー"ジョンソン(クラレンス・ウィリアムIII)が心臓発作で急死します。新しく台頭して来た派手なギャング達を嫌った、バンピーの運転手兼右腕だったフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの後を継いでハーレムを取り仕切る事を決意します。

ヴェトナム戦争中の兵士達の麻薬中毒のニュースを聞きながら、フランクは「販売元から直送っていうのが無くなって、仲介業者が上前を跳ねてるのが最近のアメリカのやり方だ」というバンピーの言葉を思い出し、ヴェトナムから直接ヘロインを買い付けて密輸する事を思いつきます。

一方、警官リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、パートナーのリヴェラと仕入れた情報を元に、車の中から約100万ドルを見つけ、署に届け出ます。アンダーカバーで不規則な仕事や、環境の悪さなどから結婚生活も巧く行かず、リッチーの妻は離婚を届け出し、リッチーと子供の親権を争う事になります。

署から追放されたリヴェラはある日、最近出回り出した安価で強力なヘロイン"Blue Magic"のオーバードースで死亡しているのを発見されます。正直に金を届け出た事を買われ、リッチーはキャプテンに新設された麻薬捜査チームを任される事になります。。。

知的で冷酷なんだけど家族思いのギャングをデンゼルが演じているのですが、単純な勧善懲悪に収まらないストーリーです。

フランクはドラッグを密輸し、売りさばいて儲けて、結果ジャンキーをどんどん作り出していくわけですが、その儲けたお金で家族にいい暮らしをさせてあげるのが生き甲斐だったりします。汚いお金なんだけど、苦労して来た母親が事実を知らずに息子の成功に涙する。皮肉なのか、今まで苦労を強いられて来た黒人達が、汚い密輸で儲けたお金で良い暮らしを享受します。

正義と悪の描かれ方が面白いです。仕事には奮闘する「正義」の警官リッチーは、私生活ではだらしなく、妻にも愛想をつかれ家庭が崩壊の危機が訪れます。一方「悪」のギャング、フランクは利権争いや殺人をも厭わない冷酷な男なのですが、家族思いです。

スーツ姿のデンゼル、いつみても惚れ惚れしますが、存在感が凄いですね。デンゼルのカリスマが光る映画です。悪役なのに、見てる側をしびれさせます。

アメリカン・ギャングスター 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD] / ルビー・ディー, キウェテル・イジョフォー, デンゼル・ワシントン, キューバ・グッディング・Jr, ジョシュ・ブローリン (出演); リドリー・スコット (監督)アメリカン・ギャングスター [Blu-ray] / デンゼル・ワシントン, ラッセル・クロウ, キウェテル・イジョフォー, キューバ・グッディングJr, ルビー・ディー (出演); リドリー・スコット (監督)アメリカン・ギャングスター / Rambling RECORDS【ポスター】アメリカン・ギャングスター (デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ) [REG-DS]
posted by 淀川あふるー at 19:55 | Comment(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月14日

ディパーテッド The Departed



ディパーテッド」(The Departed)は2006年公開のアメリカ映画。香港映画「インファナル・アフェア」のリメイク作品。アカデミー賞を四部門(作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞)で受賞。製作にはブラッド・ピットや
ジェニファー・アニストンが参加。

豪華なキャストを揃えた映画です。タイタニック以来、女性を虜にして来たレオナルド・ディカプリオの良さが今までイマイチ分からなかったのですが、この映画を観て幅のある演技力のある俳優なんだと認識させられました。

あらすじ
コリン・サリバン(マット・デイモン)は、実はアイリッシュ・マフィアのボスであるフランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)に自分の手足として警察内のスパイになるべくコステロに育てられ、ポリスアカデミーを卒業し、マサチューセッツ州警察のSIU(Special Investigations Unit マフィアなどの組織を専門に捜査する特別捜査課)に受け入れられる。

一方ビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)は、親戚にマフィアがいた事が理由で、正式に警察になる事は拒絶されるのだが、アンダーカバー(秘密捜査官)としてフランク・コステロ率いるアイリッシュ・マフィアに潜入する仕事を与えられる。

コスティガンの仕事を知っているのは、クイーナン警部(マーティン・シーン)とティグナム巡査部長(マーク・ウォルバーグ)のみで、コスティガンの個人情報ファイルは、他の警官達にも見られないよう全てロックされ、犯罪者である(マフィアに受け入れられる要素として)履歴を付ける為に、傷害罪をつけ、刑務所に収容する。

コスティガンは出所して上手くコステロの組織に潜入するのだが、過度のストレスで精神医マドリン(ヴェラ・ファーミガ)の元へカウンセリングにかかるようになる。ある日、彼女と関係を結んでしまうのだが、マドリンはサリバンと同棲生活を始める。。。

こういう映画をハリウッドで撮らせると、徹底的に計算されたカットの仕方で軽快なテンポでストーリーを進め、見るものを上手く引き込む作り方をしますね。151分もある映画なのに、ダラダラした部分がなくて最後まで飽きずに見られる面白い映画です。

悪役のマット・デイモンも、アンダーカバー役のレオナルド・ディカプリオも、今までに無いような役所なのに、絶妙な演技を見せています。そして、やっぱり(好き好き)ジャック・ニコルソン。まんまの悪役顔で、マフィアのボスです。憎めません。マーティン・シーン(ちょっと人がいいクイーナン警部)や、マーク・ウォルバーグ(切れるのだけど、プライド高しティグナム巡査部長)、アレック・ボールドウィン(抜けてるエーラビー警部)と、その配役にぴったりと合った演技を見せています。隙のないキャストですね。

さて、この映画やたらFワードが多いのですが、(警官ものっは多い傾向ですが)全ての前頭語?とも言えるくらい皆でFF言っています。日本語字幕や吹き替えだと、彼らのこの情熱的なFワードどう表現しているんでしょうか。

面白いです。おすすめ。

ディパーテッド 特別版 (初回限定版) [DVD] / レオナルド・ディカプリオ, マット・デイモン, ジャック・ニコルソン, マーク・ウォールバーグ, マーティン・シーン (出演); マーティン・スコセッシ (監督)ディパーテッド [Blu-ray] / レオナルド・ディカプリオ, マット・デイモン, ジャック・ニコルソン, マーク・ウォールバーグ, マーティン・シーン (出演); マーティン・スコセッシ (監督)
posted by 淀川あふるー at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月07日

ニュー・ジャック・シティ New Jack City 


英語版

ニュー・ジャック・シティ」は1991年にアメリカで制作された映画。映画の中で、台詞をナチュラルな流れにする為に、ウェズリー・スナイプスや Ice-T(アイスT)のアドリブが使用されているそうです。

ストーリーは、1980年代から90年代にかけて、クラックがニューヨークで売られ始めた頃が舞台です。クラックのディーラー、ニーノ・ブラウン(ウェズリー・スナイプス)がどんどんのし上がって行く様を描いています。

ニーノは、「ディーラーは、自分で薬を使わない。」をモットーに、自分はクラックには手を出さずにどんどん売りさばいて、大きなアパート1棟をそのまま大きなクラックの要塞に仕立て上げてしまいます。

クラックにハマって廃人になって行く人が増えれば増えるほど、ニーノはどんどん羽振りが良くなって行きます。中毒になった人達が落ちて行く様は見ていてかなり怖い感じ。ドラッグ中毒って、薬を使った時の一時的な快楽が、行動のすべてを支配してしまうようになってしまうんですね。

ドラッグの怖さと、売る側の冷酷さが見られる映画です。


ニュー・ジャック・シティ [DVD]

ニュー・ジャック・シティ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


ニュー・ジャック・シティ / サントラ, F.S.エフェクト, 2ライブ・クルー, アイス-T...
posted by 淀川あふるー at 18:59 | Comment(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年02月02日

スカーフェイス Scarface



スカーフェイス」(Scarface)は1983年アメリカで制作されたギャング映画。アル・パチーノ主演で、脚色はオリバー・ストーン。ギャング達も好きなギャング映画。ゲーム「グランド・セフト・オート ヴァイス・シティ」はこの映画に影響されているそうです。

1980年代、125,000人ものキューバ移民がフォロリダ州マイアミに押し寄せて作ったエリア”リトル・ハバナ”。そのキューバ移民の中の一人の青年トニー・モンタナ(アル・パチーノ)がアメリカンドリームをアメリカの裏社会で達成して自滅していくストーリー。

背は低いけど、もの凄い存在感とカリスマ性のある若かりし頃のアル・パチーノが演じるトニーはめちゃくちゃ濃くて熱い!なんとしても成功してやる!という気迫、相手の裏をかくような頭の良さとかなりの度胸を持っています。それに反して、まるで金髪ロボットのような固い感じで、退廃的なミシェル・ファイファー が対照的で印象に残ります。

もちろんガンファイトシーンの多い映画です。ギャングもの映画が好きな方におすすめ。


スカーフェイス 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]

スカーフェイス 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD




posted by 淀川あふるー at 15:06 | Comment(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年01月15日

ボーイズ・ン・ザ・フッド (Boyz n the Hood )


英語版のトレイラーです。

ボーイズ・ン・ザ・フッド 」(Boyz n the Hood )1991年製作のアメリカの"フッド(hood)"映画。フッドはホームボーイズ(まあ、ギャングですね)達のたむろすネイバーフッドの事。映画の舞台は、サウスセントラル、ロサンジェルス。LAの暴動があったあのエリアですね。この映画でジョン・シングルトン監督はアカデミー賞に初の黒人監督としてノミネートされていますが、惜しくも受賞はしていません。

俳優も、キューバ・グッディング・ジュニア、ローレンス・フィッシュバーン、アンジェラ・バセット、ラッパーのアイス・キューブと今では超有名どころが出演していてます。

音楽はスタンリー・クラークが担当しています。

この映画を見たのは、留学中の寮でルームメイトの女の子達(スイート形態だったので、6-7人いた)とリビングルームでビデオ鑑賞(そう、当時はビデオです。)したのが初めて。彼女達は何度も見てるらしく、「いいのよー、これ。毎回泣けるのよ。」とか言ってました。白人の彼女達が何故か号泣する映画です。

「黒人男性の21人のうち1人は殺人されます。その被害者殆どは、(同じ人種である)黒人男性に殺されています。」という衝撃的なクレジットから映画は始まります。ストーリーは"フッド"で生まれ育った男の子達の成長過程を描いた映画。タフなエリアで育って行く現状を描いています。やっぱり、周りがあり地獄のように崩壊していると、抜け出すのが大変なんですね。

日本とはかけ離れた世界を垣間見る事が出来る映画です。


ボーイズ’ン・ザ・フッド [DVD]

ボーイズ’ン・ザ・フッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD





"How to Survive in South Central" by Ice Cube
このコーラスの部分聞くとこの映画を思い出しますね。






posted by 淀川あふるー at 19:19 | Comment(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする