2012年08月03日

プロジェクト・ランウェイ Project Runway



プロジェクト・ランウェイ」 (Project Runway)は、Lifetime Television(ライフタイム・テレビジョン、前はBravo Channelブラボーチャンネルと呼ばれていました)で10シーズン続いている人気リアリティ番組です。日本だとWOWOWで放送されているようです。

さて、面白いので割と毎シーズン見てしまっているのですが、今回姫路出身のKooan Kosukeさんという初の日本人登場!ということで、勝手に盛り上がっています。

番組の内容は、デザイナーの卵達が真剣勝負を繰り広げ、ファイナリストの3人(たまに4人)がNYのファッションウィークで自分の作品を発表する事が出来、更にその中の一人の優勝者には色々な賞金+自分のブランドラインを立ち上げる資金も提供してもらえるというコンペティションタイプのリアリティ番組です。

司会はモデルのハイディ・クルム、アドバイザーにパーソンズの講師ティム・ガン(この番組のお陰で有名になって自分の番組を持ったりしています)ジャッジはハイディ・クルム、マイケル・コース(デザイナー Michael Kors)ニーナ・ガルシア(ELLEの編集長)+セレブゲスト(過去にサラ・ジェシカ・パーカーなんかが登場しています)で、毎回かなり難しい課題を型紙を使う事無く、またインターネットなどでのリサーチ無しで短時間(プロジェクトによって5時間〜3日間)で仕上げます。
その作品をモデルの卵達(優勝した人のモデルは、ELLEのカバーを飾る事が約束されていて、脱落者のモデルは一緒に落とされてしまいます。)が着てランウェイを歩き、厳しい審査で一人、また一人と落とされて行きます。

参加者は期間中、仕事や家族を投げ打ってNYのアパートで共同生活をしながらチャレンジを続けます。(自分の人生を賭けてチャレンジしてくる人が多いです。)家族とのコンタクトを取る事も許可を取ってでしか取れず、また許可無くアパートの外に出る事も禁止されます。最後まで勝ち残った3名は$8000を渡され、ファッションウィークの為に自分の自宅やスタジオに帰り、12週間の間に12組の自分の作品を仕上げなければなりません。

若者が中心ですが毎回幅広い年齢層が選び出され、毎回強烈なキャラが登場し、デザインという事でゲイのデザイナーも多く参加者同士のからみもなかなか面白い事になっています。自我が強くて審査員に噛み付いたりする参加者や、チームワークの苦手な我の強いアメリカ人達が、ライバル同士火花を散らしてクリエイティブバトルを繰り広げるのですが、日本人参加者はやっぱり謙虚な姿勢なのでとっても応援してしまいたくなってしまいます。
今エピソード3まで来ているのですが、Kosukeさんは頑張って勝ち残っています。

ということで、来週も楽しみです。
Project Runway: Complete Fourth Season [DVD] [Import] / Heidi Klum, Tim Gunn, Nina Garcia, Michael Kors, Jay McCarroll (出演); Eli Holzman (Writer); Tony Sacco (監督)Project Runway: Season 5 [DVD] [Import] / Heidi Klum, Tim Gunn, Stephen Whitney Baum, Keith Bryce, Kenley Collins (出演); Eli Holzman (Writer); Paul Starkman (監督)プロジェクト・ランウェイ NYデザイナーズバトル シーズン3 [DVD] / ハイジ・クラム, ティム・ガン, マイケル・コース, ニーナ・ガルシア (出演)ティム・ガンのゴールデンルール [単行本] / ティム・ガン (著); 宝島社 (刊)
posted by 淀川あふるー at 16:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。