2017年10月03日

この世界の片隅に


「この世界の片隅に」は2016年の日本のアニメ映画。

あらすじ
のんびりして、少し抜けている主人公すずが、1944年、18歳で広島から軍港のある呉の北條家に嫁ぐ。淡々と平和に日常は流れていくのだが、徐々に戦況は悪化し、すずの日常も変化していき。。。。。

こういうアニメって日本でしか作れない。アニメは基本、非日常を描くものだけど、日本では実際にあった状況を生々しくリアリティを持たせて描くのね。人間が演じるわけではないのに、アニメで2Dなのに、凄く生々しい。

淡々と日常を生きて、そこで生活や時代に流されて、それでも自分の幸せを見つけていく。その時代の人たちの強さがよく表現されていて、グッとくる。

戦争もなく、食べ物は溢れ、何不自由ない今の方が人の心は病んでいるのかもしれない。何気ない日々が大切なんだと思わされる一作でした。

この世界の片隅に [DVD] -
この世界の片隅に [DVD] -
タグ:片渕須直
posted by 淀川あふるー at 11:44 | Comment(0) | アニメ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。