2014年05月06日

ワン チャンス One Chance



ワン チャンス」(One Chance)は2013年のイギリス映画。人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で優勝してオペラ歌手になったポール・ポッツの伝記映画。

子供の頃に描いた夢を持ち続け、それを実現させてしまった、ぱっと見さえない男のポール・ポッツのお話です。
子供というのは基本、現実的な部分を考えなくていいだけあっていくらでも好きに夢を見る訳ですが、成長するに従って他の事に興味がでたり、金銭的な理由や才能が足りない、努力が足りない、などの理由で気がついたら想像していたのと全く違った職業に就いていたりする訳ですね。

音楽、特にクラシックは日本でもそうですが、お金のかかる夢のうちの一つです。音大に入って正しい技法を学ぶには、学校に入る前から既にかなりの投資が必要になりますね。美声を持って生まれても、上手くそのレールに乗って行かないと才能を発揮して夢のオペラ歌手になる何てことはまず無理になってしまいます。

オーディション番組のいい所は、そういう軌道に乗れなかった人にも度胸さえあればチャンスがあるという所でしょうか。財力のない人にとってはまたとないチャンスの場になりうる訳ですね。トレーニングされてる訳でもない人が、自分の持った才能だけで一度きりのチャンスに賭ける姿には、夢なんて忘れた大人でももの凄くドキドキさせられます。

あらすじ
デブで冴えない、いじめられっこのポール・ポッツ。彼には一つ、他の子供にない歌唱力という才能があり、いつの日かオペラ歌手になる事を夢見ています。

冴えないまま成長し、実家住みで携帯販売会社に勤めているポッツにも彼女が出来たり、オーディションの賞金で短期間イタリアの音大に留学するというチャンスに恵まれたりはするのですが、そう簡単に運命の神様はポッツに微笑んではくれません。

留学でも成果はあげられず、おまけに事故に遭って鬱屈とした日々を過ごす羽目になったポッツの目に、『ブリテンズ・ゴット・タレント』のオーディションの広告が飛び込みます。。。

ワン チャンス [単行本(ソフトカバー)] / ポール・ポッツ (著); 鈴木玲子 (翻訳); アチーブメント出版 (刊)ワン・チャンス オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / サントラ (CD - 2014)ワン・チャンス / ポール・ポッツ (CD - 2007)
posted by 淀川あふるー at 04:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 伝記 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

ジョニータピア様のブログから来ました。

私も映画ブログをやっておりまして、よろしければ相互リンクをお願いしたいとおもっております。


◆サイト名:映画の感想.com
◆URL:http://eigakansou.com/


よろしくお願い致します。
Posted by 牧本 遥 at 2014年06月05日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。