2013年06月24日

リミットレス Limitless



リミットレス」(Limitless)は2011年のアメリカ映画。

眠っている潜在意識をフルに活用出来ると言う魔法のドラッグのお話です。試験の時なんか、「前にやったのに、思い出せない!」って時がありますが、「NZT-48」は、一度でも過去に目にしたり聞いたりしたは脳の何処かに眠っていて、それを呼び起こせる事が出来る夢のドラッグです。その脳の何処かに眠っている知識や経験を一気に思い起こして、結びつけて使えたり、今現在目にしているものの理解力も比べ物にならない位向上してしまいます。

あらすじ
ニューヨークに住むエディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)は、スランプ中の作家。デッドラインに怯え、うだつの上がらない暮らしをしているのですが、ある日ばったり前妻の弟ヴァーノンに会い、彼からスマートドラッグ「NZT-48」を一錠渡されます。

半信半疑で自分のアパートに戻るのですが、そこで家賃の遅れているエディをどやしに大家の新しい妻が待ち構えていて、自暴自棄になって薬を飲むのですが、薬は直ぐに効き、エディはありえない機転を利かせて彼女を上手く丸め込み、詰まっていた作品の続きも書き上げてしまいます。

次の日、薬の効き目の切れたエディはヴァーノンの元へ更に薬をもらいに行くのですが、ヴァーノンの使いに行って戻って来ると彼の部屋は荒らされており、ヴァーノンは頭を撃ちぬかれています。。。

とっても面白い設定なのですが、とってもモヤッとする終わり方をします。まあ、エゴが大暴走して因果応報を受けて終わり、っていうありがちなエンディングよりかはいいのかもしれません。こういう人間の許容量を超えるものを与えられると、人はどんどん自分の欲に走ってやりたい放題やってしまうのが性として描かれますが、普通の人間を越えた男に何処までもやらしてしまえ、というエンディングは教訓的でなくていいのかもしれませんね。エンタメに徹してます。

個人的に、もう少し薬の出所とか説明してもいいんじゃないの?とも思いました。薬を使って暴走する男より、こんな薬を生み出した背景の方が面白そうな気がします。

リミットレス [DVD] / ブラッドリー・クーパー/ロバート・デ・ニーロ (出演)
リミットレス [DVD] / ブラッドリー・クーパー/ロバート・デ・ニーロ (出演)リミットレス [Blu-ray] / ブラッドリー・クーパー/ロバート・デ・ニーロ (出演)
posted by 淀川あふるー at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367384448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。