2013年04月01日

ウォーキング・デッド3 シーズンフィナーレ

今日は「ウォーキング・デッド3」のシーズンフィナーレでした。これからシーズン4の撮影に入るとの事で、持ち越されたガバナーVSリックがどうなるのかは来シーズンになるようです。

○ネタばれあり、注意○
今シーズンはシーズン1から登場した女性キャラが一人を残して壊滅した代わりに、ミショーンという賢くて強い黒人女性キャラが追加されましたね。ガバナーのうさん臭さを直ぐに見抜く賢さもあり、静かに状況を見極めて行動を起こす事が出来たり、独りでサバイバルする事にも慣れていたり、今まで酷い女性キャラばかりだったこの「ウォーキング・デッド」シリーズにちょっと新しい風邪を吹き込んでいる感じです。

シーズン3は、『ゾンビ怖い』よりも『人間怖い』に重点が置かれていて、登場キャラの色々な心理状態が描かれています。一番際立っていたのは、リーダーのリックが亡き妻の幻覚を見ておかしくなってしまった所でしょうか。彼の代わりにリーダーとしてグループを裁けるような人物がいない所が浮き彫りになっていましたね。おかしくなった父を見ているカール君も心理状態が不安定で、無慈悲な行動を起こしています。人間としてのモラルをキープしているグループ内で彼の行動がこれからどう矯正されて行くのでしょうか?

サイコパス・ガバナーは遂に化けの皮を剥がしてしまったので、シーズン4では人を魅了して利用するスマートな悪者ではなく、タガの外れた悪者として登場するのでしょうね。どうせだったら何処までもワルを極めて、相変わらずタラタラしてるリックの目をもっと醒まして欲しい所です。

個人的に、後半ではメリルの死が一番印象に残りました。悪人だけど現状を一番良く知っていて最後のバトルに勝手に走ってしまう訳ですが、誰にもその心意気を知らせず、知られずに立ち向かって行く所に悪キャラのメリルの評価が上がりました。ゾンビになった所だけ弟ダリルに発見されるのはとても虚しい終わり方です。

ラストは個人的には疑問がかなり残る終わり方をするのですが、ウッドベリーと刑務所の関係性をシーズン4に繋げる制作側の意図がそこにあるのでしょうね。

ということで、また来シーズンのお楽しみですね。
ザ・ウォーキング・デッド アクションフィギュア TVシリーズ 1 ダリル・ディクソン / マクファーレン[直筆サイン入写真] アンドリュー・リンカーン Andrew Lincoln (ウォーキング・デッド/リック・グライムズ役)
posted by 淀川あふるー at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ/シットコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック