2012年12月19日

アリス・クリードの失踪 The Disappearance of Alice Creed


英語版

アリス・クリードの失踪」(The Disappearance of Alice Creed)は2009年のイギリス映画。

お金持ちの娘を誘拐してお金を要求する、というそこまではよくある展開の映画なのですが、実は登場する3人の人間関係に接点があって、話しが二転三転していくというスリラー映画です。


あらすじ
刑務所仲間のヴィック(エディ・マーサン)とダニー(マーティン・コムストン)は、とある人気の無い廃虚のようなアパートの一室を防音材を入れたり、鍵を取り付けたりと怪しげな行動をしています。黙々と作業を続ける二人は、とある家から出て来た女性アリス・クリード(ジェマ・アータートン)を一瞬の内に拉致します。途中で服装を変えたり、二人は綿密に誘拐計画を立てていた事が分かります。

アパートに女性を連れ帰って例の部屋に彼女を運び込み、抵抗する彼女をベッドに拘束した後全裸にして写真を撮影し、その画像をラップトップに取り込んで彼女の父親へ送りつけます。二人の計画の第二段階が完了します。。。

人間関係のネタをばらしてしまうとそこがミソなので敢えて控えますが、誰が騙され、欺かれて行くのか?という所に引っぱり込まれる映画です。綿密に立てた計画も、誰の思惑が何処まで絡んでいるのか、途中でうまく混乱させてストーリーが進行します。

ヤバい計画を立てる時は相手を選ばないと命取りになる、というのは犯罪スリラー映画の教訓ですね。
アリス・クリードの失踪 [DVD] / ジェマ・アータートン, マーティン・コムストン, エデ...
アリス・クリードの失踪 [DVD] / ジェマ・アータートン, マーティン・コムストン, エディ・マーサン (出演); J・ブレイクソン (監督)「アリス・クリードの失踪」

posted by 淀川あふるー at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。