2012年12月03日

ウォーキングデッド シーズン3前半フィナーレ Walking Dead season3

ウォーキングデッド シーズン3前半フィナーレ」(Walking Dead season3)

シーズン2がのんびりした人間同士のドラマが多かったのに比べて、シーズン3前半はかなり急展開でストーリーが進行しました。シーズン3は『ゾンビ怖い』よりも『人間の方が怖い』というのが色濃く出ている感じです。

☆ネタばれあり注意☆

シーズン1、2を通して、今まであった人間社会のシステムが崩壊した世界でサバイバルを続ける、リックを筆頭にした生き残った人間達の葛藤やサバイバルを軸にストーリーが展開してきましたが、そういう世界の中で自分の町を作って台頭している『ガバナー』が登場します。

こういう世界になったら、今までのシステムでは目立たなかった力のある男がその力で周りを制圧し、自分達の法で地域を掌握する、というのは映画なんかの常ですが、この『ガバナー』はただ力があってずる賢いだけでなく、サイコパスのように口がうまくて周りの人間を魅了して信頼を得る、なんとも狡猾なキャラです。

社会システムが崩れる前の世界で法を守る為に働く警官だったリックが、全てのシステムが崩れた世界でもなんとか人間としてのモラルを保ちながらリーダーを続けているのに対し、ガバナーは自分の町では人徳のあるような振る舞いをする影で自分の対抗馬になりそうな人間は影で排除し、相手のリソースを吸収して行く汚い手で周りの人望を得ています。この二人の毛色の違うリーダーの戦いがシーズン3の後半戦で起こるようです。

さて、前半で個人的に一番の衝撃だったのがローリィの死です。浮気に対して容赦ないアメリカのモラル感が反映されてるのか、シーズンを通して一番残酷な死に方をしました。シーズン2で白い目で見られて堕胎薬を取らなかった所から運命は決まっていたのかもしれませんね。極めつけに息子に始末されるなんて、なんとなく「アイデンティティ」の台詞、「売女にチャンスなし!」を思い出してしまいました。ここまでやられると可哀相になります。

シーズン3の後半は来年2月から放送だそうで、楽しみです。
一番気になるのは、ガバナーに兄と供に『裏切り者と共謀者』と吊るし上げられてしまったダリルの運命は。。。?

ウォーキング・デッド DVD-BOX / アンドリュー・リンカーン, ジョン・バーンサル, サラ・ウェイン・キャリーズ, ノーマン・リーダス (出演); フランク・ダラボン (監督)ウォーキング・デッド シーズン2 BOX-2 [DVD] / アンドリュー・リンカーン, ジョン・バーンサル, サラ・ウェイン・キャリーズ, ノーマン・リーダス (出演); フランク・ダラボン (監督)ウォーキング・デッド  ガバナーの誕生 (角川文庫) [文庫] / ロバート・カークマン, ジェイ・ボナンジンガ (著); 尾之上 浩司 (翻訳); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)


posted by 淀川あふるー at 12:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | テレビドラマ/シットコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リックは警官ではなく、保安官らしいです。

保安官の方が権利や責任が強いようですが、アメリカ人ではない私には違いがあまり理解出来ません。

でも、ストーリーにはその違いも所々影響しているように思えます。なんとなく。

もしよろしければ警官と保安官の違いを、日本人感覚でおおざっぱにご教授お願いできないでしょうか?すみません。
Posted by at 2012年12月05日 09:33
保安官(Sheriff)という事だと思うのですが、多分アメリカ人自体もその違いはそこまではっきりしていないと思います。

一般的に知られる違いは管轄エリアの違いで、
Police:町や市限定
Sheriff(County Police):郡内全域(また、警察の無い小さな町をまとめて管轄する場合あり。西部劇はここら辺の理由からシェリフが多いのかもしれませんね。)

だと思います。
また、シェリフは任期があり選出制という違いもあります。
あと、聞いた事があるのは「シェリフは一発アウト」という所でしょうか。マイナーオフェンス(速度違反とか)で、その他の警官なら見逃してくれるような事がある程度の違反でも、シェリフは一発でチケット切られると聞いた事があります。(捕まった事無いので本当かは知りませんが)

ということで、どうしてなのか調べてみた所、どちらも法執行機関で役割もほぼ同じなのだけど、州によって仕事や役割が違ったりするからアメリカ人も混乱するそうです。

例えば、司法解剖はポリスが普通行うのに、シェリフが行っている郡もあったりするそうです。また、州によっては実務はポリスに任せて外に出ずにデスクワークが主な仕事の場合もあるようです。(なので、上記の一発アウトも私のいる州に限定した噂なのかもしれません。)

で、言葉事態の歴史の違いが保安官と警察官に訳される理由もあるのかな?と思ったのですが、
sheriffは、元々英国王室の主権,統治権を守る機関で、Police(一番古いのはロンドン市警)は市の法執行機関だったそうです。

日本人の感覚だと、どれも警官でまとめちゃってもいいんじゃないの?という感じでしょうか。
Posted by あふるー at 2012年12月05日 12:50
ありがとうございます。「警官と保安官の違い」すごく勉強になりました。ありがとうございます。

ちょいちょいドラマの中で保安官バッジや帽子、あとリックの拳銃とか。シェリフの雰囲気を出して来るのが気になっていました。

私の中でふと「シェリフ=西部劇・・・なるほど!」と、勝手に解釈しました。間違ってたらすいません。

しかし来年2月がすごく楽しみです。ありがとうございました
Posted by at 2012年12月06日 04:47
制服も、州によって違う所があるらしいです。カーキー色のシャツが多分一番多い色なんだと思いますが、フロリダとかはグリーンのシャツだったりするらしいです。バッジは同じだと思いますが。

2月がたのしみですねー。
Posted by あふるー at 2012年12月16日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック