2012年09月08日

アナライズ・ミー Analyze This /アナライズ・ユー Analyze That


英語版

アナライズ・ミー」(Analyze This)は1999年のアメリカ映画。ギャング/コメディ映画。

マフィアのボスがある日精神的に参ってしまって、精神科医の元へ通うようになってしまうというとってもベタなギャングコメディ映画です。

あらすじ
父親もマフィアだったマフィアのボス、ポール・ヴィーティー(ロバート・デ・ニーロ)。敵対するプリモ・シンドーネ(チャズ・パルミンテリ)との抗争や、FBIの圧力などがあり、変な発作に悩まされるようになってしまいます。

ポールの腹心のジェリー(ジョー・ヴィテレッリ)が乗った車にたまたまぶつかってしまった精神科医ベン・ソボル(ビリー・クリスタル)。ビジネスカードを念のためジェリーに渡すのですが、切羽詰まったポールがベンの診療室にやってきます。

ローラ(リサ・クドロー)との再婚を控えたベンをストーカーのように追い回して頼って来るボールに、ベンは振り回される事になってしまいます。。。

強面のマフィア役のロバート・デ・ニーロが、ちょっと臭いテレビのCMを観て大泣きを始めたりとか、かなーりベタなお笑いシーンがあるのですが、ついつい笑ってしまいます。コテコテなんだけど笑ってしまうのは、ベテラン俳優ロバート・デ・ニーロとビリー・クリスタルのコンビがなかなか良い味を出している所為でしょうか。

ギャング映画だけどコメディなので、ガンファイトがあっても笑いと後味の良いエンディング(トニー・ベネット参上)でまとめています。

アナライズ・ミー [DVD] / ロバート・デニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クドロー ...
アナライズ・ミー [DVD] / ロバート・デニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クドロー (出演); ハロルド・ライミス (監督)アナライズ・ミー [DVD] / ロバート・デ・ニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クードロー, チャズ・パルミンテリ (出演); ピーター・トーラン, ケネス・ロナガン (脚本)



英語版
アナライズ・ユー」(Analyze That)は2002年のアメリカ映画。

ロバート・デ・ニーロとコメディアンのビリー・クリスタルのコンビが楽しめる「アナライズ・ミー」の続編。

あらすじ
刑務所の中のポール・ヴィーティー(ロバート・デ・ニーロ)は、ある日命を狙われます。その騒動の中でいきなりミュージカルを歌い出し、奇行を繰り返します。刑期終了間近と言う事もあり、FBIはポールの精神科医ベン・ソボル(ビリー・クリスタル)を呼びつけ、ベンの管理下に置いてポールを釈放する事を提案します。

父親の葬式が終わったばかりのベンはポールが家にくる事を嫌がるのですが、半ば強制的に押し付けられてしまいます。ベンは持ち前の面倒見の良さと気の良さが仇となって、またしてもポールのペースにドンドン押されて行ってしまいます。。。

釈放されたポールが「普通の仕事」レストランのホストや車のディーラー、ギャングドラマのアドバイザーになったりして、続編でもコテコテなお笑いが楽しめます。「アナライズ・ミー」がジャズだったのに対して、「アナライズ・ユー」ではミュージカルが使われていて、デニーロの歌うシーンは、いやそれギャングじゃないでしょう、と笑えます。

笑いが欲しい時におすすめの一本です。

アナライズ・ユー [DVD] / ロバート・デ・ニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クードロ...
アナライズ・ユー [DVD] / ロバート・デ・ニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クードロー (出演); ハロルド・ライミス (脚本); ハロルド・ライミス (監督)アナライズ・ユー(Blu-ray Disc) / ロバート・デ・ニーロ, ビリー・クリスタル, リサ・クドロー, ジョー・ビテレッリ (出演); ハロルド・ライミス (監督)

posted by 淀川あふるー at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ギャング 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック