2012年07月11日

聖者の眠る街 The Saint of Fort Washington


英語版

聖者の眠る街」(The Saint of Fort Washington)は1993年のアメリカ映画。

都会の影的存在のホームレスを描いた映画です。アメリカでは精神的な病気を抱えていたり、医療保険を持っていなくて事故や病気になってしまった人などが、若くしてホームレスという状態に陥ってしまう事があります。マット・ディロンが演じる心優しいマシュー青年はカメラマンを志していて才能も持っていたのですが、統合失調症にかかってしまい、身内からも見放されてホームレス状態に陥ってしまいます。

あらすじ
ニューヨーク。ホームレスの黒人男性ジェリー(ダニー・グローヴァー)は宿泊施設フォート・ワシントンへ入るのを待っていた時にマシュー(マット・ディロン)というフィルムの入っていないカメラを持ち歩く青年に出会います。宿泊施設で一夜を明かすのは初めてのマシューを見かねて、ジェリーは貴重品を体から放すな、眠っている時に靴を盗まれるからそのままにしておくな、などと指南をします。

ジェリーは柄の悪いリーロイ(ビング・レイムズ)にからまれたマシューを「俺の息子だ」といって庇い、二人は徐々に仲良くなって行きます。友達にお金を持ち逃げされて商売が潰れてしまい、妻と子供に愛想をつかれてしまったジェリーは、昔のように果物を卸売りして人生を取り戻すという夢をマシューに語り、車の窓拭きをしながらお金を貯める生活に彼を引き込んで行きます。。。

ダニー・グローヴァーってやっぱりいい俳優ですね。嫌な役でもなんでも独自の口調とちょっと癖のある演技で、その役柄が際立つような感じに仕上げます。あのちょっとおっとりした喋り方が、悪役になると化けの皮を被ったいい人面のうさん臭い男になり、この映画のような役柄では、どんなに辛い状況にあってもちょっと天然ボケが入ったようなのんびりさがあるような人の良い男になったりします。

イケ面のマット・ディロンも、この映画ではちょっとトロくて純粋なかまってしまいたくなるような青年を上手に演じています。

ほろっとさせられてしまう映画です。
聖者の眠る街 [DVD] / マット・ディロン (出演); ティム・ハンター (監督)
聖者の眠る街 [DVD] / マット・ディロン (出演); ティム・ハンター (監督)

posted by 淀川あふるー at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。