2012年06月30日

隠された記憶 Caché


フランス語に英語字幕のトレーラー

隠された記憶」(Caché)は2005年のフランス映画。ミヒャエル・ハネケ監督・脚本。

メインのストーリー部分である、『幸せそうに豊かな暮らしを送っていた主人公の文学テレビ番組のキャスタージョルジュの元へ、ある日自分の家の様子を取ったビデオが送りつけられて来る。』というサスペンス的な部分意外にも色々な要素が鏤められているストーリーです。

とてもうまく行ってそうな家族の裏に潜んでいる問題がさらりといくつか出て来るのですが、家族って結局個人の集合体で一緒に住んでいても誰が何やってるんだか把握してない場合が多いのかもね、と言う部分がちょっと薄ら寒い感じで後味を引いた映画です。

あらすじ
パリに家族と住む文学テレビ番組のキャスタージョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と出版社に勤める妻アン(ジュリエット・ビノシュ)の元に不気味な子供が描いたような絵とビデオテープが送りつけられる。ビデオは、彼らの家を撮影したものだった。

差出人不明のビデオと絵が徐々に写す送り主の情報に気づいたジョルジュは、ビデオが誘導した先のアパートに住んでいたその昔自分の家の使用人だったアルジェリア人マジードと対面する。。。

フランス人と移民であるアルジェリア人の関係。妻と夫の関係と子供の関係。徐々に彼らの関係性が分かって来るのですが、淡々とした目線で彼らの様子を追う事で観る側に色々と想起させるような映画です。ドラマチックなシーンもいきなり登場するのですが、単調になりがちなテンポの映画なので、そこで観客をハッと目覚めさせるような感じでしょうか。

家庭の中で起こっている事は分からないし、ましてや個人が過去にしでかした事もその人以外は知らない。そこに誰かがビデオ(第三者の目線)を送りつける事で今まで一見幸せだった家族の内側に波紋が広がって、色々な不協和音が見えて来る。犯人を追う謎解きサスペンス映画、というよりその過程で暴かれて行く事の方に意味があるのでしょうね。

隠された記憶 [DVD] / ダニエル・オートゥイユ, ジュリエット・ビノシュ, アニー・ジラ...
隠された記憶 [DVD] / ダニエル・オートゥイユ, ジュリエット・ビノシュ, アニー・ジラルド, ベルナール・ル・コク, ダニエル・デュヴァル (出演); ミヒャエル・ハネケ (脚本); ミヒャエル・ハネケ (監督)
posted by 淀川あふるー at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。