2012年01月30日

カポーティ Capote


英語版

カポーティ」(Capote)は、2005年のアメリカ映画。作家のトルーマン・カポーティが代表作の『冷血』 を取材し書き上げるまでを描いた伝記映画。アカデミー賞で主演男優賞をフィリップ・シーモア・ホフマンが受賞。

カポーティってゲイだったんですね。当時にしては珍しくオープンにカムアウトしていたようです。フィリップ・シーモア・ホフマンの演じているカポーティはとっても特徴のある喋り方をしていて、ソフトなようでとても操作的、話術に長けていて周囲の注目を浴びる事が大好きだけど、空気を良く読んで他人とのコミュニュケーションが上手、とても繊細だけど基本的に相手を信用してなさそうなところなど、とても複雑なキャラクターです。

カポーティは「冷血」という小説でノンフィクションというジャンルを打ち立てる訳ですが、殺人犯ペリー・スミスとの密なやり取り(実際は手紙でやり取りする事が多かったそうですが)、相手を小説の題材として見ていたカポーティが徐々にペリーと自分との共通点を見出し、心理的に深入りしてしまう過程が描かれています。

あらすじ
1959年、カンザス州の小さな町で一家4人が惨殺されるという事件が起こる。『ティファニーで朝食を』で成功を収め、作家としての地位を築いていたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は新聞記事で事件を知り、次の小説の題材にとハーパー・リー(『アラバマ物語』(To Kill a Mockingbird)の作者です。)と共に現地に向かい、取材を始める。

アルヴィン・デューイ(クリス・クーパー)を含めた地元の捜査官達には、そのちょっと奇抜なファッションなどから敬遠されてしまうのだけど、彼の妻と上手く仲良くなり、捜査の状況についてなどの情報を入手する。デューイのもとに情報が入り、ペリー・スミス(クリフトン・コリンズ・Jr)とディック・ヒコック(マーク・ペルグリノ)が逮捕される。

カポーティは上手にペリー・スミスに近づき、巧みに彼の信用を得て、彼の生い立などを聞き込み始める。。。

彼を冷静に観察し続けるカポーティが、殺人犯ペリーと自分の事を比べて「同じ家で生まれた。一方は裏口から、もう一方は表玄関から出た。」という台詞が登場します。実の親に育てられずに幼少期を転々とした自身の体験と同じようなペリーの複雑な家庭環境などを照らし合わせ、徐々に所謂『殺人鬼』というタイプではない繊細な所のあるペリーに惹かれていきます。

もちろん小説の題材として彼に近づいている訳ですから、手八丁口八丁で巧みに彼を操作する冷酷さがカポーティにはあります。ペリーを題材にした小説のタイトル「冷血」(In Cold Blood)が、ペリーの事なのか、カポーティの事なのか分からなくなるくらい、自身の名声の為に殺人鬼とはいえ相手を騙す小説家の巧みなやり方が描写されていきます。優しく、深く、相手の懐に入って行く彼の手腕は、殺人鬼とはまた別の冷血さが現れています。殺人鬼に負けないくらいのダークさがあるカポーティのやり方に、ジワジワと来るものがあります。

冷酷に、でも繊細に殺人鬼ペリーの事を追い続けるカポーティを演じているフィリップ・シーモア・ホフマンは、複雑で多面的なカポーティの人物像に迫っています。社交界で目立つ事が好きで、水を得た魚の様にお喋りの中心人物になったり、「喋り方にコンプレックスがある」と言いながらも、巧みな話術で上手に人に近づいて相手を魅了したり、殺人鬼のストーリーを売るための努力を惜しみなくする反面、ペリーを騙すような行為に自責の念を感じたり、一筋縄では行かないカポーティのその強烈な個性を見事に表現しています。

とても見応えのある映画です。

カポーティ コレクターズ・エディション [DVD] / クリフトン・コリンズJr., キャサリ...
カポーティ コレクターズ・エディション [DVD] / クリフトン・コリンズJr., キャサリン・キーナー, フィリップ・シーモア・ホフマン, クリス・クーパー (出演); ベネット・ミラー (監督)カポーティ &冷血 マスターピース・コレクション (初回生産限定) [DVD] / フィリップ・シーモア・ホフマン, キャサリン・キーナー, クリフトン・コリンズJr, ロバート・ブレイク, スコット・ウィルソン (出演); ジェラルド・クラーク, トルーマン・カポーティ (原著); ベネット・ミラー, リチャード・ブルックス (監督)冷血 (新潮文庫) [文庫] / トルーマン カポーティ (著); Truman Capote (原著); 佐々田 雅子 (翻訳); 新潮社 (刊)
posted by 淀川あふるー at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伝記 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249378794

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。