2011年09月29日

カールじいさんの空飛ぶ家 Up



カールじいさんの空飛ぶ家」(Up)は、2009年のアニメ映画。

さて、今更ですがついに観ました。ピクサーは子供向けのアニメーションの中に、何か大人が感じるノスタルジーが所々入る事がありますね。この作品はもちろん子供も楽しめると思うのですが、大人向けのアニメですね。『老い』や『第二の人生』なんかについてさらっと盛り込んでいる所に、ただのエンターテイメント・アニメとして終わらせない、制作側の意気込みを感じます。子供を映画館に連れて行くのは大人だから、大人も楽しめる映画を作ると言う方向性は間違ってはいないですね。そしてハンカチの用意が必要かもしれないくらいに、大人の心を揺さぶります。

あらすじ
冒険に憧れるカール少年。ある日、明るく元気で冒険好きな少女エリーに出会います。二人は成長して結婚し、いつか一緒に伝説の滝『パラダイス・フォール』に行こう、と夢を見て貯金を始めるのですが、車が故障したり急な物入りで結局資金が溜まらずに老年期を迎えます。カールはある日チケットを買ってエリーを驚かせようとするのですが、エリーは倒れ、そのまま亡き人となってしまいます。

一人暮らしをするカール。二人の思い出の家の周りは都市開発が始まり、工事が始まります。カールの元にも立ち退き要求が来るのですが、頑固に断り続け、思い出の籠った家を守り続けています。そんなある日、ボーイスカウトの少年ラッセルがやってきます。老人を助けたらレベルアップが出来るので、何か助けて欲しい事が無いかと尋ねて来たのですが。。。

カールじいさんは初恋の人と結婚するというラッキーな人だったのですが、二人の間には子供がなく、(エリーの不育症が原因のようなシーンが出てきます。)その分二人で最後まで仲良く暮らしていきます。それだから余計に先にエリーが亡くなってしまった事がショックで、二人の思い出の家に頑固に執着してしまうのですね。

可愛いラッセル君ですが、日系人の男の子ジョーダン・ナガイ君が、400人の応募者の中から『お喋りが止まらない子』として目に止まり(ラッセルのキャラのまんまですね)選ばれたそうです。しかも実は、オーディションを受けに来たお兄さんについて来ただけだったそうです。

お喋りが止まらないポジティブで元気なラッセル君ですが、実は複雑な家庭環境の子供で、どうやら施設に預けられている状況が徐々に見えてきます。さりげなく語られて行く登場人物の状況見せ方が上手ですね。わざとらしさのない人物の描き出し方に、どんどん感情移入させられてしまいます。

関係ないですが、大学の寮にラッセルがそのまま成長したような日系人ハーフのキムラ君という可愛い青年がいました。自分の名前を「キミュ〜ラ」と発音するので「キムラだよ!」「キミュ〜ラだよ!」と言い合って遊んでいたのを思い出します。

老人と子供、二人のハラハラさせられる大冒険も、観ている人を飽きさせないテンポの良さで見せています。名作アニメですね。

カールじいさんの空飛ぶ家/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray] / ディズニー (出演)
カールじいさんの空飛ぶ家/ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray] / ディズニー (出演)カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD] / ディズニー (出演)カールじいさんの空飛ぶ家 DVD+microSDセット [DVD] / ディズニー (出演)カールじいさんの空飛ぶ家 コレクターズ・ボックス (数量限定) [Blu-ray] / ディズニー (出演)
posted by 淀川あふるー at 16:29 | Comment(4) | TrackBack(1) | アニメ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
映画好きのるぃなと申します。
この映画、私も観ました!
はじめからウルウル来てしまいました。
おじいさんを主人公にしているあたり、はじめはどうかなと思っていたんですけど、これが逆にすごく良かったです。
大切なエリーを失った後の悲しみと孤独、そして彼女のためにも前を向いて生きていこうとする力は、おじいさんという設定があったからこそ説得力を増したでしょうから。
ところで、ラッセル君についての情報は知らなかったです。
お兄さんについてきただけだったなんてw
人生、どこで何があるかわからないものですね。
また遊びにきます☆
Posted by るぃな at 2011年10月05日 04:00
るぃなさん

はじめまして。

はじめからあっという間に心を掴んで来るような展開ですよね。私も冒頭からかなり感情的に盛り上がってウルウルしてしまい、最後までぐいぐいと引っ張られました。涙あり、笑いあり、ハラハラどきどきも忘れない、三拍子揃った映画ですね。

ラッセル君情報は、あんまりにも私の知っていたキムラ君にそっくりだったんでちょっと調べてみました。ジョーダン・ナガイ君は細身の男の子だったので、ラッセルの見た目のモデルは誰だったのかが気になります。

また遊びに来て下さいね。
Posted by あふるー at 2011年10月05日 14:22
もう秋ですね。
昨日は予報どおりに朝から一日中、多くではないけれどジトジト降っていました。。
それに少し寒かったです。
でも今日は晴れて午後からは車を運転してると少し暑かったです。
こう毎日、気温がコロコロ変わって気温差が大きいと体もなかなかついていけないですね。
カリフォルニアではいかがですか?

ピクサーのアニメは脚本から何もかも素晴らしいです。
アカデミー賞ではアニメ作品ながらなんと作品賞、アニメーション作品賞などにノミネートされ、アニメーション作品賞と作曲賞を受賞しましたね。
映画へのオマージュなどもたくさんされていて映画ファンにはたまらない作品でした。

先月の25日頃から1年ぶりくらいに風邪を引いてしまって大したことないと思ってたらちょっとこじらせてしばらくヒーヒーいってました。
月末の29日は月1回の病院の日で、血液検査で炎症を起こしてるかもとのことでレントゲントと尿検査もしてもらいました。
もう少しひどくなっていたら肺炎になってたかも?っていわれてドッキり!でした。
ちょっとした風邪でも気をつけないといけないですね。
やっともうほぼ良くなりましたが、あるふーさんは大丈夫?
ご飯もホットコーヒーももう美味しく(^o^)丿
Posted by satoshi at 2011年10月06日 23:53
satoshiさん

昨日カリフォルニアは大雨でした。いきなり寒くなったので、ちょっと体調を崩しそうになりました。satoshiさんも気をつけて体を休めて下さいね。肺炎一歩手前は怖すぎです。

>映画へのオマージュなどもたくさんされていて映画ファンにはたまらない作品でした。
宮崎駿監督へのオマージュも鏤められていましたよね。冒頭のサイレント映画風の見せ方にもこだわりが出ていていいですよね。

ところで昨日ピクサー創立者のスティーブ・ジョブズ氏が亡くなってしまいましたね。アップルの顔とも言うべきカリスマが居なくなって、ちょっと寂しいですね。

Posted by あふるー at 2011年10月07日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

カールじいさんの空飛ぶ家
Excerpt: 2009年 96分 監督 ピート・ドクター 声の出演 エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー 日本語吹替版 飯塚昭三、 ...
Weblog: ビデオ鑑賞日記
Tracked: 2011-10-06 23:52