2011年07月23日

真実の行方 Primal Fear


英語版

真実の行方」(Primal Fear)は1996年のアメリカの映画。

エドワード・ノートンの映画デビュー作です。彼の持ち味が上手に生かされていて、新人のくせにリチャード・ギアと対等に渡り合って独自の存在感を発揮していますね。田舎から出て来た、訛りと吃り持ちのあか抜けない青年アーロン役で、リチャード・ギア演ずる名声が好きな元検事で今は辣腕弁護士として名を馳せるのマーティン・ヴェイルと渡り合います。

あらすじ
シカゴで大司教が惨殺され、殺害現場から逃げ出した堂役を勤める青年アーロン・スタンプラー(エドワード・ノートン)が逮捕される。血まみれの彼が逮捕されるシーンをニュースで観ていた弁護士マーティン・ヴェイル(リチャード・ギア)は、その知名度と難易度の高いケースに飛びついて弁護役を買って出る。

検察当局はこちらも辣腕検事で、ヴェイルの元部下ジェーン・ヴェナブル(ローラ・リニー)を担当検事に任命。旧知の仲の二人は相手の手の内を探りながら裁判に挑むのだけど、調べれば調べる程、町の権威者達の腐敗振りが露呈してきます。。。

「どう見たって有罪でしょう」という事件を取り扱って名を上げる、そんなどん欲さを持っていて、頭の切れるやり手のヴェイル弁護士。リチャード・ギアが演じるとただスマートで抜け目ない男というより、更に行動のあちらこちらにお洒落さが滲み出る魅力的なおっさん、というプラス効果が出てきますね。敵との戦いにもあまりシコリを残さない、そんなスムーズさがあるような饒舌な男。真剣勝負の中の何処かで目が笑ってる、そんな余裕を感じる気がします。

対するぶっ飛んだ役柄が得意なエドワード・ノートン。共演者を喰ってしまう彼の演技は、デビュー時から健在です。パっと見は何とも普通な感じで、この何処にでも居るような普通の田舎者青年なんて役柄はお手の物でこなしてきますね。間の抜けた喋り方や、たより無さげな目線とか、端々に醸し出す自信無さげな雰囲気。そんな彼が一瞬でガラッとその容貌を変える。目つきにたっぷり含ませた危険で極悪な何かに、一瞬にして『ただ者では無いな』と感じさせられてしまいます。

ストーリーのスリルだけでなく、演技上手な俳優達も楽しめる映画です。

真実の行方
真実の行方 [DVD] / リチャード・ギア, エドワード・ノートン, ローラ・リニー, ジョン・マホーニー, アルフレ・ウッダード (出演); ウィリアム・ディール (原著); グレゴリー・ホブリット (監督)「真実の行方」オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / ジェームズ・ニュートン・ハワード (作曲) (CD - 1996)
posted by 淀川あふるー at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。