2011年01月28日

5フィンガーズ Five Fingers


英語版トレーラー(このトレーラーの中には私が観た映画の中に無かったシーンがありますね。。。省略版だったんでしょうか)

5フィンガーズ」(Five Fingers)は、2006年に公開されたアメリカ映画。

たまたま映画好き御用達チャンネルで途中の拷問シーンから観てしまい、もう一度頭から観直した作品。どんでん返し映画です。この題名から想像する様に、主人公でジャズピアニストでもあるマーティンが拷問シーンで指を切断されるのだけど、切ってる部分は見せていないのにとても生々しいです。

ローレンス・フィッシュバーンとライアン・フィリップの心理戦が面白い映画。

あまりストーリーを話してしまうと面白みの無くなってしまう映画なので、軽くあらすじ。
オランダ人マーティン(ライアン・フィリップ)は「フード・プログラム」の為にネットで会ったギャヴィン(コルム・ミーニイ)と一緒にモロッコへ旅立ちます。モロッコについてすぐバスに乗り込むのですが、バスの中で誘拐されてしまいます。

目が覚めるとギャヴィンとマーティンは椅子に手錠で固定されており、目隠しをされています。二人は自分たちの状況を把握しようと騒ぎ始めるのですが、どうやら周りに人の気配が。目隠しを外され、そこにはモスレムの男性アーマット(ローレンス・フィッシュバーン)がいます。。。

どちらもうさん臭いマーティンとアーマットがお互いの腹を探りあいます。その駆け引きから徐々に何が起こっているのかが分かってくるのですが、最後のマーティンの表情が印象的です。



posted by 淀川あふるー at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。