2010年11月21日

バッド・ルーテナント Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans



バッド・ルーテナント」(Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans)は、2009年のアメリカ映画。1992年の「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のリメイク作品。

ヤニっこくて濃厚な雰囲気を持つハーヴェイ・カイテルの演技が話題だった前作を、ニコラス・ケイジ主演でリメイクした作品。(ストーリーはかなり違います。)
ルーテナントは警部補の事です。(ほんとはルテネントと、伸ばさないで発音します)

あらすじ
ニューオリンズが舞台。ハリケーンカトリナで水没した牢屋で逃げられなくなった囚人をテレンス・マクドノー刑事(ニコラス・ケイジ救助するシーンから始まります。同僚のスティーヴィ・プルイト(ヴァル・キルマー)と散々からかった後に救助するのですが、その際腰を痛めます。そのお陰で強力な痛み止めヴァイコディンを使用し続ける事になってしまいます。

その功績からテンレス・マクドノーは警部補(ルテネント)に昇進するのですが、半年後には痛み止め中毒だけでなく、その他の違法ドラッグ中毒になってしまい、証拠として押収したヘロインやマリファナを横領して自分で使用しちゃったりするどうしょうもない警官になってしまっています。ガールフレンドの売春婦フランキー(エヴァ・メンデス)もコカイン中毒で、一緒に物を分け合ったりします。

テンレスは犯人や証人に吐かせる為に手荒な事も平気でします。でも、表向きはその腕前を買われているのでセネガルからの不法移民一家が殺害された事件の陣頭指揮をとる事になります。事件を目撃したスーパーのデリバリーボーイを証人としてギャングのボス”ビッグ・フェイト”(アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー)を捕まえようとするのですが。。。

やってる事かなりめちゃくちゃで悪どいテンレス・マクドノーなのですが、どこか憎めない部分もあるキャラです。あのちょっと鼻炎持ちっぽい喋り方がやっぱり憎めなさを強調するのでしょうか。ニコラス・ケイジはこういう脛に傷のあるキャラクターの演技も意外にうまいですね。叩けばいくらでもホコリがボロボロ出てくるような、危なっかしいルテネント・マクドノーの役もハマっていました。

ヴァル・キルマーは太って赤ら顔で登場していました。あまり重要な役所でもなく、かつての栄光は何処へ行ったんでしょうか、と言うくらいショボく見えたのが残念です。

MTVの"Pimp My Ride"(ぼろ車を大金かけて改造する番組)でお馴染みのラッパー、イグジビットがギャングのボス役で出演しているのですが、アイス・キューブやスヌープ・ドッグより演技力があるとみました。なんだか愛嬌のある人です。

バッド・ルーテナント [DVD] / ニコラス・ケイジ, エヴァ・メンデス, ヴァル・キルマー, アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー (出演); ヴェルナー・ヘルツォーク (監督)
posted by 淀川あふるー at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(3) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

バッド・ルーテナント
Excerpt: 公式サイト。原題・Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans 。ヴェルナー・ヘルツォーク監督、 ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマー、アルヴィン・..
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2010-11-22 20:08

『バッド・ルーテナント』 ('10初鑑賞31・劇場)
Excerpt: ☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:20の回を鑑賞。
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2010-11-22 20:26

『バッド・ルーテナント』'09・米
Excerpt: あらすじドラッグとギャンブルにおぼれる刑事テレンスが不法移民の一家惨殺事件の捜査をするが・・・。感想爬虫類好き必見!アメリカを代表する映画評論家ロジャー・エバート氏が2...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2011-02-25 21:13