2010年02月08日

ある日どこかで Somewhere in Time


なんだかこのトレーラー、ハーレクィーンロマンスばりですね。英語版です。

ある日どこかで」(Somewhere in Time)は1980年のアメリカ映画で、SF(タイムトラベルもの)・ラブストーリー。ラフマニノフ『パガニーニのラプソディー』が印象的に使われている映画です。

ストーリーは、脚本家志望の大学生リチャード(クリストファー・リーヴ )が、パーティーで老女に寄ってこられ、「帰って来て(Come back to me)」と言われた事から始まる、とってもSFな恋愛映画です。もちろん老女と何かがあるのではなく、タイムトラベルして老女の若かりし頃、とても美しかった彼女と恋に落ちます。

過去にさかのぼったところは、まるで昔の絵画を見ているかのような衣装やインテリアが楽しめます。ロマンチックな映画をお探しの人にお勧めの1本。

ある日どこかで オリジナル・サウンドトラック / サントラ, チェット・スヴァトコウスキー, ロジャー・ウィリアムス (演奏) (CD - 2002)ある日どこかで / ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラ (演奏) (CD - 1999)
posted by 淀川あふるー at 15:00 | Comment(0) | 恋愛 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]