2014年01月29日

コレクター The Factory



コレクター」(The Factory)は2012年のアメリカ映画。どんでん返しのあるシリアルキラー映画。

これまたコレクターというありがちで本題から外れた邦題がついていますが、原題はファクトリー(工場)です。何のファクトリーなのかが最後の肝になるので、このタイトルがついてます。
映画の初めに、この映画は実際に起こった事件に基づいて作られています。と出て来るのですが、実際のどの事件なのかは言及されていません。ですが、アメリカでいくつかの似たような事件がよく起こっているので、そこら辺にヒントを得て作られているようです。

あらすじ
冬のニューヨーク州バッファロー。雪の降る日に売春婦を狙った誘拐事件が相次いでいたのですが、最近その傾向が減ったので捜査は打ち切られる事になってしまいます。捜査を担当していた刑事マイク・フレッチャー(ジョン・キューザック)はパートナーのケルシー・ウォーカー(ジェニファー・カーペンター)と感謝祭の日の仕事を終え、自宅に帰ります。

自宅では、ボーイフレンドの家で感謝祭を過したい娘のアビィと妻が言い合いをしており、マイクが帰宅して来た事によって結局アビィは感謝祭を自宅で過す事になります。自宅でも行方不明の売春婦達の写真を前に捜査を続ける父にアビィはなぜそこまで一生懸命になるのか尋ねるのですが、「この子達には探してくれる家族がいない。俺が探すのを止めたら、誰も彼女達を捜す人はいなくなってしまう。」と言います。

翌日、手術を控えていたトランスセクシャルの男性がいなくなった事を、ボーイフレンドが警察に届け出ます。いなくなっているのが全て女性である為に捜査には関係ないと周囲が思う中で、マイクはそのトランスセクシャルの見た目があまりにも『女性』である事から、犯人は彼を女と間違えたと確信して捜査を続けます。。。

売春婦として生きていく身寄りのない女性、そんな社会の不要物のように扱われている女性達が、この映画の中での犠牲者です。監禁された彼女達にどういう心理状態が働くのか、という部分がフォーカスになるのですが、イマイチ心理的にぐいぐいくるような構成にはなっていないのが残念です。エゴの強い犯人像や、クズ同然に扱われて来た女性達の主従関係なんかをもうちょっと上手くフォーカスさせると、どんでん返しの部分が効いて来ないのでしょうがないのかもしれませんが。

数年前、実際に半軟禁状態で11歳の時から18年間拘束されていた女性が救出された事件がありましたが、長い事強烈な支配関係にある女性が、人が沢山いる町中でも周囲の人に助けを求めなかった事が確か取り上げられていました。そういう状況の心理状態の描写がもう少し丁寧だともっとジワジワ来る映画になったのかもしれないですね。

コレクター [DVD] / ジョン・キューザック, ジェニファー・カーペンター, メイ・ホイッ...
コレクター [DVD] / ジョン・キューザック, ジェニファー・カーペンター, メイ・ホイットマン, ダラス・ロバーツ, ソーニャ・ヴァルゲル (出演); モーガン・オニール (監督)
posted by 淀川あふるー at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリアルキラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月07日

プリズナーズ Prisoners



プリズナーズ」(Prisoners)は2013年のアメリカ映画。サスペンス映画。

サンクスギビング(感謝祭)を近所にある友人宅で過し、目を離した隙にいなくなってしまった娘達を、法を無視して自分の手で勝手に捜しだす、という映画です。自分達の過失は無視して警官を怒鳴りつけるは、自分の勘で勝手な捜査を始めて犯人だと思いこんだ人物を監禁・拷問するは、頭のおかしな父親役をヒュー・ジャックマンが好演しています。

あらすじ
ケラー・ドーヴァー(ヒュー・ジャックマン)は、妻、息子、娘を連れて、近所にある友人バーチ家で過します。楽しくディナーを過した後、自分の娘アナとバーチ家の娘ジョイがいなくなっている事に気づきます。家族全員で周辺を探すのですが二人の姿は何処にも見あたらず、探している間に息子は、近所に見知らぬキャンピングカーが停まっていた事を思い出します。そのキャンピングカーは既に姿を消しており、娘達の失踪を警察に届けます。

警官ロキ(ジェイク・ギレンホール)は怪しいキャンピングカーが見つかった連絡を受け、キャンピングカーに乗っていた男を尋問しようとするのですが、男は急に車を発進させ木に衝突します。ロキは警察署で男、アレックス・ジョーンズ(ポール・ダノ)を尋問するのですが、アレックスは10歳児並みのIQしか持っておらず、何の手がかりも事件への関係性も掴む事が出来ずにいます。

証拠不十分でアレックスが釈放される事を聞いたケラーは、「娘を返せ!」とアレックスに飛びかかるのですが、アレックスは「彼女達は僕が去るまで泣きはしなかった」と意味深な言葉を残します。。。

この映画で面白いのは、警察を信用せずに強行手段をとるケラーと、地道にリサーチと捜査を重ねるロキがおなじ犯人に辿り着く事です。二人の行動が平行して描かれていくのですが、感と力任せの男と、徐々にヒントを辿っていく男の対比が面白いですね。

自分も子供から目を離したことを棚にあげて、「あなたが私たちを守ってくれるって言ったじゃない!」と男のプライドを傷つけるような事を妻に言われたのもネックでしょうか、ふさぎ込んで何も出来ない妻を見て、どんどん酷い行動をとるケラーにはかなり後味の悪さも残ります。

posted by 淀川あふるー at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする