2013年03月17日

サスペクト・ゼロ Suspect Zero



サスペクト・ゼロ」(Suspect Zero)は、2004年のアメリカ映画。シリアルキラー映画。

普通のシリアルキラー映画に登場する犯人にはまったく同情の余地がないのですが、この映画には捕まらずに活
動を続けて欲しかったと思わされるような訳ありのシリアルキラーが登場します。

あらすじ
捜査官のトム・マッケルウェイ(アーロン・エッカート)は、連続殺人犯の不当逮捕(州の法規を無視した逮捕)が原因で、左遷されてニューメキシコ州のアルバカーキにやってきます。早速起きた殺人事件の捜査に携わるのですが、遺体は瞼が切り落とされ、丸に斜め線の入ったマークが記された紙が残されており、捜査するうちにまた次の同じように殺害された死体が見つかります。

連続殺人の捜査が始まるのですが、行方不明者との共通点と共通しない点が浮上し、全米各州に股がった被害者数多数のスーパーシリアルキラーの存在が存在するかも知れない、という事態に発展して行きます。。。

冒頭から犯人の顔出しをして誰が犯人だか分かるような早速ネタばれをするので、どういうストーリー展開になるのかと思っていたら、犯人の動機に秘密に事情があるシリアルキラー映画です。ただ己の欲に従って犯罪を犯すのではなく、とある事情で犯罪を起している事が明らかになります。

ある『ビジョン』(透視能力)が登場して来るのですが、こんな能力を持っていたら普通の人は発狂してしまうでしょうね。。。人の世の為になる能力でも、こんな能力を持ちたいと思う人はいないでしょうね。

サスペクト・ゼロ [DVD] / アーロン・エッカート, ベン・キングズレー, キャリー=アン...
サスペクト・ゼロ [DVD] / アーロン・エッカート, ベン・キングズレー, キャリー=アン・モス (出演); E・エリアス・マーヒッジ (監督)サスペクト・ゼロ [DVD] / アーロン・エッカート, ベン・キングズレー, キャリー=アン・モス (出演); E・エリアス・マーヒッジ (監督)




posted by 淀川あふるー at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シリアルキラー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月12日

リアリティ・バイツ Reality Bites



リアリティ・バイツ」(Reality Bites)は1994年のアメリカ映画。ベン・スティラー監督作品。

とっても懐かしいですね。久しぶりに見てしまいました。もう20年近く前の映画だって所が驚きです。この頃のウィノナは本当に可愛いですね。サックス・フィフスアベニューで万引きして捕まった挙げ句、大量に処方された薬(確かヴァイカデンとかですね)を持ってラリっていた事がバレた例のスキャンダルで消えてしまいましたが、この頃のウィノナは輝いていますね。

Reality Bitesを直訳すると『現実が噛み付く』という意味ですが、夢一杯で大学を卒業した四人の男女が、社会の現実を突きつけられるお話です。MTVを観て育った『ジェネレーションX』と呼ばれた世代を描いているので、所々にちょっと懐かしいMTV系の映像が登場します。

あらすじ
大学を総代で卒業したリレイナ(ウィノナ・ライダー)は、ギャップで働く友達のヴィッキーと(ジャニーン・ガラファロー)アパートをシェアして生活しているのですが、ある日男友達の無職トロイ(イーサン・ホーク)とサミー(スティーヴ・ザーン)が住み込む事になってしまいます。

ドキュメンタリー制作の仕事がしたいリレイナはテレビ局で働く傍ら、友達をビデオで撮り続け、上司に見せるのですが「面白くない」と批判され、仕返しをした事で仕事を首になります。ヴィッキーからギャップで一緒に働く事を勧められるのですが、優秀なはずの自分がギャップなんかで働くもんかと突っぱねて、あちこちのテレビ局に面接に行くのですが、その全ての面接で蹴られてしまいます。

一方、職なしでふらふらしているトロイとは友達以上の何かがあるのを感じてはいるのに、お互いイマイチ素直になれずにいて、ある日リレイナはMTVの編集局長マイケル(ベン・スティラー)と出会い、付き合い始めます。。。。

日本は新卒が重宝されますが、アメリカの場合、不景気になると経験の無い新人から真っ先に肩を叩かれます。これを観ていると自分が卒業した頃を思い出してしまいますね。。。何十通と履歴書を送っても、経験のない新卒は面接にでさえ漕ぎ着けないなんてざらです。現在の不景気は更に追い打ちをかけて、仕事が見つからずに実家に帰る新卒も多いそうです。

この映画のように自立心旺盛なアメリカの若者は大学入学と同時に親元を離れ、卒業したらそのまま自活するスタイルが一般的なのですが、そこで色々な葛藤をする若者達の姿が描かれている映画です。

親にお金を借りようとしたら、「どんな仕事でもいいからしてみなさい」と、バーガージョイントのバイトの面接にまで行ったり(デヴィッド・スペードが登場しています)、面接に落ちまくって鬱になったリレイナが、電話のサイキック(霊能力占い師ですね)にハマって電話代が400ドル以上になってしまい、お父さんにもらっていたガソリンカード(ガソリンに対してだけ使えるクレジットカード)を上手い事利用してなんとかお金を工面するシーンとか、四苦八苦して自立して行く姿に自分を重ね合わせる人も多いと思います。

音楽も懐かしいですね。
リアリティ・バイツ [DVD] / ベン・スティラー, ウィノナ・ライダー, イーサン・ホーク...
リアリティ・バイツ [DVD] / ベン・スティラー, ウィノナ・ライダー, イーサン・ホーク, ジャニーヌ・ギャルファロ, スティーブ・ザーン (出演); ベン・スティラー (監督)リアリティ・バイツ / サントラ, イーサン・ホーク, ダイナソーJr., ミー・ファイ・ミー, スクイーズ, ビッグ・マウンテン, ザ・ナック, ジュリアナ・ハットフィールド, インディアンズ, ワールド・パーティ, ザ・ポウジーズ (CD - 1994)


posted by 淀川あふるー at 15:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年03月02日

ダージリン急行 The Darjeeling Limited



ダージリン急行」(The Darjeeling Limited)は2007年のアメリカ映画。ウェス・アンダーソン監督作品。

スピリチュアルな何かを求めて、父親のお葬式の為にインドまでやって来た3人兄弟が繰り広げるドタバタロードムービーです。ビル・マーレイやナタリー・ポートマンが友情出演していて、『あれ?』と言うところで登場しています。

あらすじ
長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)に呼びかけられて、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)と三男のジャック(ジェイソン・シュワルツマン)はインドにやってきます。待ち合わせの列車で顔を会わせる三人。事故に遭って包帯を巻いて登場したフランシスと、暫くお互いの顔を見ていなかった兄弟達はなんだかちょっとぎくしゃくしていて、子供の時の事を思い出しながら、お互いムカついてみたり、ちょっと腹を探るような態度でいます。

彼女との別れを引きずっている小説家志望のジャック、奥さんが出産間近のピーターも何だかいろいろ色々とあって離婚を考えていたり、父親の遺産を巡っても兄弟間で不満が残っていたり、旅をする過程で三人兄弟の現状が少しずつ見えて来ます。

いろいろな問題を起こして三人は列車から放り出されてしまうのですが。。。

イマイチ仲が良さそうでもない兄弟と、なんだか壁のある母親。機能不全を起していたファミリーなんでしょうかね。徐々に彼らの関係が見えてきます。バラバラの家族の絆を、スピリチュアルな国インドで再生させようとする個性的な三人の兄弟を個性派の俳優達が演じています。

絶縁している訳ではないのだけど、お互いがバラバラでイマイチ上手くいかない。そんな家族関係は現実でもよくありそうな話しで、スト−リーに入り込み易いと思います。もの凄い葛藤や争いが登場する訳でもなく、流れに任せた旅で、三人のそれぞれの人生の分岐点となるスピリチュアルな旅が描かれています。

混沌とした中に精神的な世界の混在するなんとも魅力のあるインド、そこを旅する三人の不協和音のする兄弟達。『旅に出たい』となんでだか思わされてしまう映画です。

ダージリン急行 [DVD] / オーウェン・ウィルソン, エイドリアン・ブロディ, ジェイソン...
ダージリン急行 [DVD] / オーウェン・ウィルソン, エイドリアン・ブロディ, ジェイソン・シュワルツマン, アンジェリカ・ヒューストン (出演); ウェス・アンダーソン (監督)「ダージリン急行」オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / サントラ, ジョフール・シーク・テンプル・コングリゲーション, キショレ・クマール, ネルライ・ヴィレッジ・トバドール, キンクス, ウダイプル女子修道院付属学校の尼僧と生徒たち, ザ・ローリング・ストーンズ, ピーター・サーステット, ジョー・ダッサン (CD - 2008)

posted by 淀川あふるー at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロードムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。