2012年12月30日

レミーのおいしいレストラン Ratatouille



レミーのおいしいレストラン」(Ratatouille)は2007年のアメリカ映画。ピクサーのアニメーション映画。

ピクサーの手がけるアニメーションは、ディズニーアニメーションの中でも大人が一緒に見れるような作品が多いですね。そして、ちょっと普通から外れてしまった変わり者の主人公がテーマになる事が多いですが、このアニメの中ではネズミのレミーが主人公です。ネズミのくせに料理が好き、キッチンにいたらゴキブリと共にもっとも嫌われるネズミがキッチンで活躍するアニメです。

現実世界ではキッチンから「盗み」を働いて食べ物を頂戴するネズミが、キッチンで自分の創造性を発揮しておいしい料理を作り上げてしまうという、ディズニーらしい夢物語の中にちょっと自分の先入観や偏見が試されるようなストーリーラインになっています。

あらすじ
レミーは名シェフ、オーグスト・グストーを崇拝するちょっと変わったねずみ。パリ郊外のとある家にある父親率いるコロニーの中で暮らしていて、リビングにあるテレビで彼の料理番組を見ながらシェフになる事を夢見ています。

ところがある日、レミーのヘマで家を追い出されてしまい父親達のコロニーからはぐれてしまいます。途方にくれたレミの前にグストーの亡霊が現れ、地上に出て冒険をするように誘われるのですが、地上に出るとそこは憧れのパリの町。しかもグストーのレストランの直ぐ側である事が分かります。

レストランの様子を盗み見るレミー。そこではレミーの憧れの世界が広がっています。様子を観察していると、ちょうどその日働き始めた新入りのリングイニが、こぼしてしまったスープを勝手に味付けして酷い事になっているのが見えます。いてもたってもいられなくなったレミーはキッチンに忍び込みます。。。

馬鹿げた大きな夢を成し遂げる、ディズニーの真骨頂が出ているアニメーションです。子供達にもっと夢を見ろ、大人達には出来上がってしまった先入観を外して人生を楽しめ、と言っているようですね。

もちろん、3Dといってもアニメなので、そこまで生々しく『ねずみ』ではないのですが、ネズミ軍団がキッチンで料理を始める辺りでは、大人には「うえええ」となってしまう様なインパクトがあるかもしれません。

思った以上に楽しめたアニメでした。
レミーのおいしいレストラン [DVD] / ディズニー (出演)
レミーのおいしいレストラン [DVD] / ディズニー (出演)レミーのおいしいレストラン [Blu-ray] / ディズニー (出演)レミーのおいしいレストラン/DVD コレクターズ・ボックス (数量限定) / ルー・ロマーノ. パットン・オズワルト. イアン・ホルム. ブライアン・デネヒー. ピーター・ソーン (出演); ブラッド・バード (監督)レミーのおいしいレストラン シェフのレミー マウス ぬいぐるみ テーマパーク限定

posted by 淀川あふるー at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月23日

天使のくれた時間 The Family Man


英語版

天使のくれた時間」(The Family Man)は、2000年のアメリカ映画。恋愛コメディ/ドラマ。

素晴らしき哉、人生!』の様にクリスマスに起こる奇跡を描いた映画です。クリスマスイブに起こった生死をわけるような出来事(実は天の使いによって意図的に起された)と、そこから「もし、あの時別の選択肢を取っていたら?」という誰もが一度は人生の岐路を振り返った時に考えそうな事がテーマの映画です。

あらすじ
空港で、恋人ケイト・レイノルズ(ティア・レオーニ)との別れを惜しむジャック・キャンベル(ニコラス・ケイジ)。ジャックは、「やっぱり考え直して」と言うケイトを「たかが1年でダメにはならない」と振り切ってロンドンへ向かいます。

13年後。ウォールストリートのエクゼクティブとしてクリスマスイブの日も忙しく働くジャック。彼の元にケイトからの連絡が入りますが、「古い彼女は古い税金と同じ」と言うビジネスパートナーの進言を笑いながら彼女の連絡をムシします。

仕事が終わった帰り道、酒屋に寄ったジャックは、ロトくじを持ってレジでもめ事を起こしたキャッシュ(ドン・チードル)の仲裁に入るのですが、キャッシュに銃を突きつけられてしまいます。うまくその場を納めたジャックはキャッシュに少々傲慢な問いかけをします。。。

家庭とは縁がなく、ビジネスで大成功している男に、彼女との人生ををもし取っていたらどうなっていたのか、パラレルワールド(?)で実体験してもらうというストーリーです。

「自分に必要あるものなんて無い。自分は全て持っている」と言い放ったジャックは、郊外の一軒家で二人の子供を持ち、義父の店でタイヤのセールスマンになっている自分を体験させられてしまいます。

ジャックの妻として、郊外でノンプロフィットの弁護士として働く普通の妻を演じているティア・レオーニがとても可愛らしいです。国内一の法律学校(ロースクール)を出ていながら、ノンプロフィット弁護士として働くママになっている設定です。最後に彼女の現状も出てきますが、普通に恋して結婚したらどちらもうだつの上がらない職業を持ち、でも幸せに暮らしているという設定に「そこまで?」とは思いましたが、何かを選択すると何かを落とす、いいとこ取りなんて出来ないよというのは現実的ではありますね。

このクリスマスにどうぞ。

天使のくれた時間 デラックス版 [DVD] / ニコラス・ケイジ, ティア・レオーニ, ドン・...
天使のくれた時間 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD] / ニコラス・ケイジ, テア・レオーニ, ドン・チードル, ジェレミー・ピヴェン, メアリー・ベス・ハート (出演); ブレット・ラトナー (監督)天使のくれた時間 デラックス版 [DVD] / ニコラス・ケイジ, ティア・レオーニ, ドン・チードル, ジェレミー・ピヴェン (出演); ブレット・ラトナー (監督)天使のくれた時間/オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack] / ダニー・エルフマン (演奏) (CD - 2001)



posted by 淀川あふるー at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月19日

アリス・クリードの失踪 The Disappearance of Alice Creed


英語版

アリス・クリードの失踪」(The Disappearance of Alice Creed)は2009年のイギリス映画。

お金持ちの娘を誘拐してお金を要求する、というそこまではよくある展開の映画なのですが、実は登場する3人の人間関係に接点があって、話しが二転三転していくというスリラー映画です。


あらすじ
刑務所仲間のヴィック(エディ・マーサン)とダニー(マーティン・コムストン)は、とある人気の無い廃虚のようなアパートの一室を防音材を入れたり、鍵を取り付けたりと怪しげな行動をしています。黙々と作業を続ける二人は、とある家から出て来た女性アリス・クリード(ジェマ・アータートン)を一瞬の内に拉致します。途中で服装を変えたり、二人は綿密に誘拐計画を立てていた事が分かります。

アパートに女性を連れ帰って例の部屋に彼女を運び込み、抵抗する彼女をベッドに拘束した後全裸にして写真を撮影し、その画像をラップトップに取り込んで彼女の父親へ送りつけます。二人の計画の第二段階が完了します。。。

人間関係のネタをばらしてしまうとそこがミソなので敢えて控えますが、誰が騙され、欺かれて行くのか?という所に引っぱり込まれる映画です。綿密に立てた計画も、誰の思惑が何処まで絡んでいるのか、途中でうまく混乱させてストーリーが進行します。

ヤバい計画を立てる時は相手を選ばないと命取りになる、というのは犯罪スリラー映画の教訓ですね。
アリス・クリードの失踪 [DVD] / ジェマ・アータートン, マーティン・コムストン, エデ...
アリス・クリードの失踪 [DVD] / ジェマ・アータートン, マーティン・コムストン, エディ・マーサン (出演); J・ブレイクソン (監督)「アリス・クリードの失踪」

posted by 淀川あふるー at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪/スリラー 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月16日

ボーン・レガシー The Bourne Legacy



ボーン・レガシー」(The Bourne Legacy)は2012年のアメリカ映画。ボーンシリーズの4作目。ジェイソン・ボーンは登場しません。

ストーリー的にボーンシリーズは既に完結してしまっているのでどういう展開をするのかが気になっていたのですが、ジェイソン・ボーンがCIAとやり合っている最中に、裏で更に進行していたプロジェクトがストーリーのメインになっていて、スピンオフ的な作品です。

あらすじ
アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)はアウトカム計画に参加しており、アラスカの山の中で過酷なトレーニングを日々続けています。

一方、パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)の告発によって計画が暴かれるのを恐れたCIA本部で、リック・バイヤー(エドワード・ノートン)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じます。

アウトカム計画参加者の体調管理をしているステリシン・モルランタ社の研究室で、研究員による銃の乱射が起き、マルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)以外の研究員が抹殺されてしまいます。。。

ジェイソン・ボーンはただトレーニングされた最強の暗殺者だったと思うのですが、今回は薬を使って作り上げられた暗殺者軍団が登場します。CIAとっても黒い事をしている訳ですが、それを隠蔽しようとまた躍起になります。

ストーリー的に3部作の完成度が高かったと思うので、あまり必要性のない4作目の様な気がしますが、ボーン同様切れのあるアクションを見せるジェレミー・レナーが見所の映画です。ただ、ボーンの方が頭脳プレイが多かった気がします。(薬でそこら辺も操作して最強になっているハズですが)

ジェレミー・レナーは、喋っている時は普通に優しそうで可愛らしい雰囲気をもっていますが、時折見せる目つきが背筋が凍るように冷たい感じがしてこういうちょっと超人的な役柄に向いてますね。

お暇な方はどうぞ。

■先行告知Ver■ [映画ポスター] ボーン・レガシー (THE BOURNE LEGACY) [ADV-DS]ボーン・レガシー 上ボーン・レガシー 中
posted by 淀川あふるー at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月03日

ウォーキングデッド シーズン3前半フィナーレ Walking Dead season3

ウォーキングデッド シーズン3前半フィナーレ」(Walking Dead season3)

シーズン2がのんびりした人間同士のドラマが多かったのに比べて、シーズン3前半はかなり急展開でストーリーが進行しました。シーズン3は『ゾンビ怖い』よりも『人間の方が怖い』というのが色濃く出ている感じです。

☆ネタばれあり注意☆

シーズン1、2を通して、今まであった人間社会のシステムが崩壊した世界でサバイバルを続ける、リックを筆頭にした生き残った人間達の葛藤やサバイバルを軸にストーリーが展開してきましたが、そういう世界の中で自分の町を作って台頭している『ガバナー』が登場します。

こういう世界になったら、今までのシステムでは目立たなかった力のある男がその力で周りを制圧し、自分達の法で地域を掌握する、というのは映画なんかの常ですが、この『ガバナー』はただ力があってずる賢いだけでなく、サイコパスのように口がうまくて周りの人間を魅了して信頼を得る、なんとも狡猾なキャラです。

社会システムが崩れる前の世界で法を守る為に働く警官だったリックが、全てのシステムが崩れた世界でもなんとか人間としてのモラルを保ちながらリーダーを続けているのに対し、ガバナーは自分の町では人徳のあるような振る舞いをする影で自分の対抗馬になりそうな人間は影で排除し、相手のリソースを吸収して行く汚い手で周りの人望を得ています。この二人の毛色の違うリーダーの戦いがシーズン3の後半戦で起こるようです。

さて、前半で個人的に一番の衝撃だったのがローリィの死です。浮気に対して容赦ないアメリカのモラル感が反映されてるのか、シーズンを通して一番残酷な死に方をしました。シーズン2で白い目で見られて堕胎薬を取らなかった所から運命は決まっていたのかもしれませんね。極めつけに息子に始末されるなんて、なんとなく「アイデンティティ」の台詞、「売女にチャンスなし!」を思い出してしまいました。ここまでやられると可哀相になります。

シーズン3の後半は来年2月から放送だそうで、楽しみです。
一番気になるのは、ガバナーに兄と供に『裏切り者と共謀者』と吊るし上げられてしまったダリルの運命は。。。?

ウォーキング・デッド DVD-BOX / アンドリュー・リンカーン, ジョン・バーンサル, サラ・ウェイン・キャリーズ, ノーマン・リーダス (出演); フランク・ダラボン (監督)ウォーキング・デッド シーズン2 BOX-2 [DVD] / アンドリュー・リンカーン, ジョン・バーンサル, サラ・ウェイン・キャリーズ, ノーマン・リーダス (出演); フランク・ダラボン (監督)ウォーキング・デッド  ガバナーの誕生 (角川文庫) [文庫] / ロバート・カークマン, ジェイ・ボナンジンガ (著); 尾之上 浩司 (翻訳); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)


posted by 淀川あふるー at 12:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | テレビドラマ/シットコム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。